×

なぜ、デザイナーはいつも同じものを着るのか?

iStock.com/hrabar

彼らのコレクションのキーワードは斬新さであるが、ファッションデザイナーは、個人のスタイルが標準的であることを示そうとする。では、ファッションの流行を作り出す人々にとって、服はどのような役割を果たしているのだろうか? この疑問への考察について、マリクレールインターナショナルのフランス版デジタル記事よりお届け。

これは間違いなく、ファッション業界にとって逆説的なものである。

ファッションデザイナーやクリエイターによって、毎シーズン多くのトレンドが私たちのワードローブに提示される中、なぜ彼らのワードローブは同じような地味な服で構成されているように見えるのだろうか?
ファッション・インフルエンサーでもあるデザイナーは、ミニマルなルックを支持するのではなく、彼ら自身が毎シーズン作り出す時代の流れを伝えるアンバサダーになるべきではないだろうか?

この疑問は、最初は些細なことに思えるかもしれないが、ファッション界の大物たちの服装を見れば、その関連性を妥当なものと考えるには十分だ。

ファッションデザイナーはユニフォームの崇拝者なのか?

カール・ラガーフェルドのことを思い浮かべる。彼の風貌というと、サングラス、革の手袋、真っ白なシャツ、キュッと締まったネクタイ、ウエストが絞られたジャケットを思い起こす。これは1990年代に採用された制服で、アンディ・ウォーホルへのオマージュでもあった。そして彼が2019年に亡くなるまで、ずっと変わることはなかった。

しかし、よく見てみると、実際にはファッション業界のほとんどのクリエイティブな人々がこれに該当する。

トム・フォードのシャープなブラックスーツからリカルド・ティッシのカジュアルなオールブラックルック、故アルベール・エルバスのカラフルな蝶ネクタイからトム・ブラウンのネオスクールボーイ・ユニフォームまで、主要メゾンのアーティスティック・ディレクターのほとんどは毎日同じユニフォームを着ているようだ。

この投稿をInstagramで見る

Phoebe Philo(@phoebephiloarchive)がシェアした投稿

キャロリーナ・ヘレラのスケーター・スカートとルーズな白シャツ、フィービー・ファイロのタートルネックとスタン・スミス、ダナ・キャランのジュエリーとXXLサイズ、ミウッチャ・プラダのウルトラ・セージ・ルックなど、どのデザイナーにも同じことが起こっている。

これらの仕立て屋たちの服装選択に共通する唯一の点はどのようなことだろう? ほぼ皮膚感覚レベルでのモノクロや黒への傾倒、目を引くアクセサリーのセンス、そして完璧に同一であることをほとんど忘れさせるほどのミニマリズムの賛美。これは錯覚ではない。

ゴールドとホワイトが彩る幻想的な世界へ。「ディオール」のホリデークリエーション
久しぶりにパリ・コレクションを見る

関連情報

リンクを
コピーしました