Loading...
×

Culture

美弥るりか主演、演出家の小林香が手掛けるミュージカル『The Parlor』

2022年4月から東京・よみうり大手町ホール、兵庫・兵庫県立芸術文化センター阪急 中ホールにて、ミュージカル『The Parlor』が上演される。本サイトで「暮らしのパワーチャージ」を連載中の元宝塚歌劇団の美弥るりかが主演を務める舞台だ。

【関連記事】美弥るりか 暮らしのパワーチャージ vol.1「初めまして、美弥るりかです」

次の世代のために新しいゲームを作ろうとした、名もなきヒーローたちを描くオリジナルミュージカル 『The Parlor』。演出を務めるのは小林香。『ナターシャ・ピエール・アンド・ザ・グレート・コメット・オブ・1812』やオフ・ブロードウェイミュージカル『The Last 5 Years』など、数々の海外ミュージカルの演出を手掛け、演出・脚本・作詞を一手に担う「オリジナルミュージカル」の創作も得意とする気鋭の演出家だ。

小林香

今回は「パーラー」を舞台に女性たちの物語を描く。曽祖母の時代は談話室、祖母の時代は美容室、母の時代は喫茶室と、三世代の母娘たちが守り継いできた部屋「ザ・パーラー」。子どもたちの未来のため、パーラーに集う人たちのため、そして今の日本で、どこか生きづらさを抱えている人たちのために開かれてきたこの部屋で、何を思い、行動するのか、彼女たちの真摯な姿に迫る美しい作品だ。

美弥るりか

主演は、宝塚歌劇団月組出身の美弥るりか。今作の主人公であるパーラーの娘であり、孤高の人気ゲームクリエイター・円山朱里役を演じる。パーラーで美容師として働き、パーラーに喫茶室を作った朱里の母・円山千里と、朱里の妹・草笛灯の2役を演じるのは、元宝塚歌劇団花組トップ娘役の花乃まりあ。朱里の祖母で、パーラーを守り続ける円山阿弥莉を、 元宝塚歌劇団月組トップスターで退団後も数多くの作品に出演し、第18回菊田一夫演劇賞、第17回、第21回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞するなど、確かな実力で知られるベテラン女優・剣幸が演じる。そのほか、植原卓也、舘形比呂一、北川理恵、坂元健児といった実力派キャストも出演。

世界経済フォーラムが公表する「ジェンダーギャップ指数2021」では、156カ国中120位という結果だった日本。演出家の小林香は、今改めて「女性たちの物語を描きたい」との思いで、このオリジナルミュージカルを企画、実現したという。「私たちの現在に、“自由“があるのだとしたら、それは過去の誰かが自由を願い、行動し、身を削ってくれたからだと思います。歴史に名を残さない、数多の無名の人たちの汗と涙が流れた地面の上に、私たちは立っています。この舞台には、未来の誰かのために汗をかこうとする名も無き人々が出てきます。みんな、私のヒーローです」とコメント。 過去から現代、そしてこれからを生きるすべての女性たちへ贈る作品が完成した。

本作で作曲・編曲を担当するのは、アメリカで活躍する新進気鋭の作詞作曲家、アレクサンダー・セージ・オーエン。ASCAP(米国作曲家作詞家出版者協会)財団が贈るルシール賞&ジャック・イエレン賞の作詞家賞を受賞し、ミュージカルの音楽も手掛けるなど、今アメリカで大注目の作詞作曲家による楽曲にも期待が高まる。

アレクサンダー・セ ージ・オーエン

「私自身、等身大の自分に近い役に初めて挑戦させていただくことになります。”円山朱里”と共に学び、私も成長をしていきたいと感じています」と語る美弥るりか。作品の主軸となる母娘役に、宝塚を牽引してきたキャストが揃う貴重な舞台をお見逃しなく。


marie claireで連載中の人気エッセイ「美弥るりかの暮らしのパワーチャージ」はこちらから。

Musical「The Parlor」


期間: 4月29日(金・祝)~5月8日(日)
会場: 東京都 よみうりホール

期間: 5月14日(土)・15日(日)
会場: 兵庫県 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

作・演出:小林香
作曲・編曲:アレクサンダー・セージ・オーエン
出演:美弥るりか、花乃まりあ、植原卓也、舘形比呂一、北川理恵、坂元健児、剣幸


公演やチケット情報等の詳細は公式HPよりご確認ください。

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました