×

ビリギャル激動の20代。結婚、離婚、そして初めての海外留学を決意するまで〔中〕

留学を後押ししてくれた「チーム」の存在

小林さやか ビリギャル 講演
講演会の様子。中央の赤い服が小林さん(写真提供・小林さん)

じつは聖心女子大の大学院に入る前、坪田先生と会う機会があって、講演もたくさんやるようになっていた私は「日本の教育をよくしたい」と先生に熱く語ったんですね。そうしたら先生から「だったら、一度日本から出なきゃだめだよ。日本の教育しか知らないで、どうやって日本の教育を語るの?」と言われたんです。

そのときは、生活を変えることや英語をまたやり直すことへの躊躇(ちゅうちょ)があって決心がつかなかったのですが、大学院で取り組んだ研究を通して、ビリギャルのさやかとしてではなく、研究者として学校の先生をサポートするような活動をしたいと強く思うようになりました。

もうひとつ、留学しようと決めたのは、背中を押してくれた人の存在もあります。大学院に進学した年に出会って、その後再婚することになった今の夫です。彼とは友人を通じて知り合いました。付き合い始めた頃は、もう結婚に興味はなくて、してもしなくてもどっちでもいいよねっていう感じだったんです。お互い30歳を過ぎていたので、さまざまな経験を重ねてきていましたし。でも、付き合っていくうちに、この人と別れる理由がきっとこの先ずっと見つからないんだろうなと思い始めました。

今の夫とは、結婚と言うよりは「チーム結成」という感覚です。どっちかを立てなきゃいけないとか、夫婦であることを極端に意識するのではなく、夫は夫の人生を歩んでいて、私は私の人生を歩んでいて、でもチームとしてワクワクする目標も持っている。お互いのやりたいことをチームとして尊重し、協力しながらその時々に柔軟に役割分担をする。当たり前とかふつうとかいう言葉が気にならないくらい、私たち自身が私たちの人生の舵をとっている感じです。

そんな夫がある日、私がなにげなく「留学しようかな」とつぶやいたとき、「めっちゃ楽しそう! いいと思う‼ 俺も行く!」と目をキラキラさせて言ったんですよ。「えー、じゃあ私本当に頑張ってみてもいい⁉」「もちろん! 絶対行けるよ!」と、まだ受かってもいないのに、ふたりで抱き合って飛び上がって喜んで──。

これって、高校のときに私が慶應に行くと行ったときの、母の反応と一緒です。一番近くにいる人のマインドセット(気持ちの持ち方)って本当に大きくて、結果を左右すると思います。大学のときも今回の留学も、私はいつも一番近くの人に信じてもらえるから、頑張ることができるんだと思うのです。 (後編に続く)


【関連記事】ビリギャルが挑んだ30代からの受験勉強。慶應を目指した時とは違っていたこと〔後〕
【関連記事】ビリギャル、34歳の現在地──偏差値30からの慶應現役合格後、辿った道のり〔前〕
【関連記事】女性のキャリアチェンジを支援! 「LVMH JAPAN」のリカレント教育プログラム・第3期生を募集中

Profile

小林さやか

こばやしさやか 1988年愛知県名古屋市出身。高2の夏に小学4年レベル、偏差値30の学力しかなかったが、その後、1年半で偏差値を40上げ、慶應義塾大学に現役で合格。卒業後はウェディングプランナーとして活躍、2014年にフリーランスに転身。2021年聖心女子大学人間科学専攻修士課程修了。現在は米国コロンビア大学教育大学院で認知科学を研究中。教育現場などでの500回以上の講演実績を持ち、2019年に恩師、坪田信貴先生とYouTube「ビリギャルチャンネル」を開設。教育エンタメ動画を配信している

Recommended

Pick Up

Ranking

リンクを
コピーしました