×

ビリギャル激動の20代。結婚、離婚、そして初めての海外留学を決意するまで〔中〕

大人が変わると子どもは変わる

聖心女子大の大学院では、益川弘如先生のもと、公立の中学の先生たちに協力していただいて「学習科学」の研究に取り組みました。「学習科学」とは「人って、どうやって賢くなるの?」とか「どんな環境があればもっとよく学べるの?」ということを追究する心理学の分野の学問です。

先生たちには、黒板を使って説明して生徒はそれをノートに写すという授業だったのを、先生が用意したテーマと資料をもとに生徒同士が対話を通じて学ぶスタイルに変えてもらって、子どもたちの変化を見ました。

生徒たちの変化はすぐに表れて、「こっちのほうが楽しいし、理解しやすい」とか「記憶に残りやすい」と口々に言うようになりました。先生たちも「あんなふうに楽しそうに授業をうける生徒たちを初めて見ました」と感動して、こうやって学校の授業のやり方が変わるだけで、生徒たちの気持ちや学びに向かう姿勢が顕著に変わることを、確認することができました。

教室
イメージ写真(写真AC)

実際はここまで来るのは簡単ではなくて、1年くらい試行錯誤していました。先生たちの協力も初めから得られたわけではなかったし、生徒たちから「この授業は楽しいけどテストに出る範囲がわからないから元に戻してほしい」と言われたこともありました。しかもコロナ禍もあって先生も私もたくさん悩んだり止まったり。

本当に大変でしたが、なんとか研究を続けるなかで何よりも大きな成果だったのは、先生たちがとても前向きに学んでくれたことでした。そして、この研究を通して、なぜ高校生のときの私があんなふうにできたのか、その理由がちゃんと説明できると思うことができました。そしてこのあと、私は留学しようと決意するのです。

Profile

小林さやか

こばやしさやか 1988年愛知県名古屋市出身。高2の夏に小学4年レベル、偏差値30の学力しかなかったが、その後、1年半で偏差値を40上げ、慶應義塾大学に現役で合格。卒業後はウェディングプランナーとして活躍、2014年にフリーランスに転身。2021年聖心女子大学人間科学専攻修士課程修了。現在は米国コロンビア大学教育大学院で認知科学を研究中。教育現場などでの500回以上の講演実績を持ち、2019年に恩師、坪田信貴先生とYouTube「ビリギャルチャンネル」を開設。教育エンタメ動画を配信している

Recommended

Pick Up

Ranking

リンクを
コピーしました