×

Feature

©︎Karwai Tang/Getty Images

キャサリン妃がレンタルドレスを着用⁈  訪米中の“サステナブル”な装いが話題

米国での滞在期間、実に3日間という強行スケジュールを経て、無事に英国へと帰国したウィリアム皇太子とキャサリン妃。訪米中にNetflixで、ヘンリー王子とメーガン妃のドキュメンタリー番組の予告編が公開されるなど、予期せぬ事態が起きつつも、つつがなく、その過密スケジュールをこなしたようだ。

ウィリアム皇太子とのリンクコーデも好印象!

11月30日から滞在期間3日間という日程で8年ぶりの訪米を果たしたウィリアム皇太子とキャサリン妃。ボストンでは過密スケジュールを精力的にこなし、1日にはボストンの北西部、サマービルにあるグリーンタウン・ラボを夫妻で訪問。キャサリン妃はバーガンディカラーの「ローラン・ムレ」のパンツスーツにピンクのボウタイブラウス、そして「シャネル」のバッグでまとめた。それに対しウィリアム皇太子は同色のニットをチョイスし、夫妻でバーガンディカラーを基調にしたカップルコーデを披露した。

この投稿をInstagramで見る

The Prince and Princess of Wales(@princeandprincessofwales)がシェアした投稿

そして、2日の午前中はキャサリン妃が単独でハーバード大学の子ども発達センターへ。自身のライフワークである幼児教育について、センターのスタッフと話し合った。ここでは、ロンドンのブランド「エミリア・ウィックステッド」のブルーの千鳥格子のワンピースに「レニク・ルイ」のゴールドのイヤリング、そしてブルーのバッグにブラウンのパンプスとシックにまとめた装いで登場。その姿を一目見ようと多くの市民が詰めかけた。そんな地元の人々とも笑顔で握手し、写真に収まるフレンドリーなキャサリン妃の対応も注目の的に。

この投稿をInstagramで見る

The Prince and Princess of Wales(@princeandprincessofwales)がシェアした投稿

関連情報

Recommended

Pick Up

Ranking

リンクを
コピーしました