Loading...
×

Feature

カンヌ2022

©️Pascal Le Segretain/ Getty Images

ダイアナ元妃の姪、美しき双子姉妹アメリア&エリザが華麗にカンヌデビュー

ロンドンでの『トップガン マーヴェリック』のプレミア上映に先立ち、カンヌ国際映画祭で公開された同作品。そこには、煌びやかなハイジュエリーを纏ったダイアナ元妃の双子の姪、レディ・アメリアとレディ・エリザの姿が!

ダイアナ元妃も歩いたカンヌのレッドカーペット

ウィリアム王子とキャサリン妃がロンドンのプレミア上映で映画『トップガン マーヴェリック』を鑑賞する少し前に、カンヌ映画祭でダイアナ元妃の双子の姪たちが同作品を鑑賞していた。彼女たちの叔母であるダイアナ元妃がカンヌ国際映画祭に出席してから35年の歳月が流れた今年、ダイアナ元妃の弟のチャールズ・スペンサーを父親に持つ双子の姉妹、レディ・アメリアとレディ・エリザがカンヌでのレッドカーペットデビューを果たした。

「ショパール」のリュクスなジュエリーを纏ったアメリアとエリザは、現在29歳。ウィリアム王子の従兄弟にあたり、美しいロイヤルメンバーとしても注目され、アメリアは2020年、長年の恋人と婚約したことでも話題を呼んだ。

【関連記事】【カンヌ映画祭】ベストドレッサーは誰?セレブたちのゴージャスすぎるレッドカーペットスタイル

カンヌ国際映画祭に登場したレディ・アメリア・スペンサーとレディ・エリザ・スペンサー姉妹。©️ Gisela Schober/Getty Images

双子の姪にとってもダイアナ元妃は特別な存在

1997年にダイアナ元妃が亡くなった時、双子の姉妹はまだ5歳。エリザは、「私たちは、ダイアナを叔母として知っているだけだった。南アフリカで育った私たちは、大きくなるまで、彼女が世界でどれほど注目されている存在であるかほとんど知りませんでした」と過去に『PEOPLE』誌で受けたインタビューで語っている。もっとも、自分に娘がいないダイアナにとって、双子の姉妹の存在は特別なものだったに違いない。

1987年、カンヌ国際映画祭にチャールズ皇太子と登場した故ダイアナ妃。そのエレガントな姿に観客たちもうっとり。©️Tim Graham/Getty Images

「叔母はとても温かく、母性的で愛情深い人でした。彼女は子供たちの心を読む才能がありました」。エリザはダイアナ元妃を取り囲むたくさんのパパラッチのこともよく覚えていた。「何が起こっているか分からない幼い私たちにとって、大勢の大人に囲まれることはとても恐ろしいこと。でも叔母は、その状況を“誰が一番早く、車に戻れるか”というゲームに変えてしまった。私たちが怖がらないように安全な方法で、守ってくれたことはとても有難いことでした。その時の私は、彼女が私たちに何をしてくれているのか全くわかりませんでしたが」。

ダイアナ元妃の葬儀に参加した時もまだ幼かった双子の姉妹。「世界中から愛されていた彼女を失ったことの重大さを理解するようになったのは、だいぶ後のことでした」と語っている。

【関連記事】ダイアナ妃が暮らしたアパートの一室が5億円で販売中!結婚前の2年間を過ごした青春の場所

関連情報

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました