×

グラミー賞初受賞を果たしたマイリー・サイラス、授賞式中に4回着替えて話題に

Jeff Kravitz / Getty Images

ディズニー・チャンネルの子役スターとして人気を博し、現在もシンガー・ソングライターとして活躍し続けるマイリー・サイラス、31歳。キャリア初のグラミー賞受賞となった2024年グラミー賞授賞式で、華麗なる衣装チェンジを披露し、話題を呼んでいる。マリ・クレール インターナショナルのアメリカ版デジタル記事よりお届け。

マイリー・サイラスが2024年グラミー賞授賞式で5つのルックを披露

女性は素早い変化が大好きだ。

重要なイベントでのドレスアップスタイルは、特別な一着に限定されるべきではないということをマイリー・サイラスは証明している。2024年グラミー賞の授賞式でマイリーは5つの異なるルックを披露した。

2024年2月4日(現地時間)、4時間にわたり行われたグラミー賞授賞式で、最優秀レコード賞と最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞を初めて受賞したマイリーは、目を見張るようなコーディネートをいくつも着こなした。これは基本的に、米TV 局『CBS』で生放送された1時間ごとに、1ルックずつとなる。(授賞式前のレッドカーペットの様子から放映された)

この投稿をInstagramで見る

BRADLEY KENNETH(@bradleykennethstyle)がシェアした投稿

1つめはレッドカーペットで着用した、ジョン・ガリアーノのデザインによる歴史に残るほどの素晴らしいメゾン マルジェラのネイキッドドレス。このルックはカスタムメイドで、本物の金属製のセーフティピンとたくさんのカラフルなビーズがあしらわれていた。彼女はこのルックを究極のファッションガールシューズで仕上げている。マルジェラの「タビ」だ。

※編集部注 「タビ」アンクルストラップパンプスは、クリスチャン ルブタンとメゾン マルジェラの協業により製作されたもの。ドレスはジョン・ガリアーノがマイリーのためにデザインしたもので、約1万4000個のセーフティピンが配置されており、675時間かけて仕立てられたという。

この投稿をInstagramで見る

Miley Cyrus(@mileycyrus)がシェアした投稿

マイリーは、その夜のベストルックのひとつでグラミー賞授賞式の会場へと向かったが、彼女のコーディネートはそれだけではなかった。

出席者たちがセーフティピンをつなげ、複雑にアレンジされたドレスをじっくりと見る前に、マイリーは最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス賞に輝き、キラキラ光る、しなやかなブラックのハイネックジャンプスーツ姿で、(彼女にとって初となる!)グラミー賞を受賞した。彼女は、その夜の最初に発表された賞を受け取ったので、非常に短い時間でジャンプスーツに着替えたことになる。

この投稿をInstagramで見る

Miley Cyrus(@mileycyrus)がシェアした投稿

その後まもなく、マイリーはふたたびステージに上がり、彼女のヒット曲『フラワーズ』を披露した。彼女はパフォーマンスのためにまた着替えており、この3つめのルックはボブ・マッキーのヴィンテージもので、ブランドの2002秋冬コレクションの一着であるフリンジ付きボディスーツを着用。バックストラップサンダルとデビアスのジュエリーを合わせた。ボリュームたっぷりなふわふわのヘアと、ドルチェ・グロー(マイリーがコラボしているセルフタンニングブランド)のおかげでブロンズ色に輝く肌は、どこから見ても70年代のロックスターといった様子で、視聴者からはティナ・ターナーにオマージュをささげたルックなのではとの声が上がった。

ほかのアーティストならそこで着替えをやめたかもしれないが、マイリーはその夜のルックの半分を終えたに過ぎなかった。パフォーマンスの後、彼女はバックステージで、スイートハートネックラインのシアーレースのビスチェ&パンツを着用しているところをスナップされている。この完成された4つめのルックからは、ミュージカル映画の名作『グリース』のヒロイン、サンディのエネルギーがあふれていた。彼女はドラマティックなフェザーのショールと、目がくらむようなフリンジ、デビアスのジュエリーでふんだんに飾り立てた。

この投稿をInstagramで見る

GUCCI(@gucci)がシェアした投稿

最後の衣装としてマイリーは、ヒップよりかなり上までスリットが入った、きらめくグッチのワンショルダードレスに着替えた。彼女はこのドレスを、『フワラーズ』で年間最優秀レコード賞を受賞するという、この夜最高の瞬間のためにとっておいたのだ。コッパー色のスパンコールがふんだんにあしらわれたガウンは、彼女の輝きをさらに増した。

マイリーは光り輝くグッチのドレスで、この夜最大の賞のひとつを受け取ったのだ。

長年のスタイリストであるブラッドリー・ケネスは、グラミー賞の夜に着用したマイリーの5つのルックのうち、2つのルックのデザイナーをまだ明かしていない。また、サイラスが何度も早着替えをしたにもかかわらず、完璧なヘアスタイルをキープし続けるために使用したヘアスプレーのブランドについても、まだ発表されていない。

※編集部注 その後、2つめのルックで着用していた、フロントのカットアウトがドラマティックなハイネックのジャンプスーツはトム・フォードのものであることを、スタイリストがインスタグラムで明かした。また4つめのルックも、3つめと同様、ボブ・マッキーの2002年「To Broadway with Love」コレクションのものであることが、ブランドのインスタグラム投稿で判明している。

この投稿をInstagramで見る

Bob Mackie(@bobmackie)がシェアした投稿

Translation & adaptation: Akiko Eguchi

グラミー賞、2024年ノミネートは女性アーティストが独占!
カイリー・ジェンナーが森英恵のヴィンテージドレスでゴールデン・グローブ授賞式に登場!

関連情報

リンクを
コピーしました