Loading...
×

Culture

源義高を演じる市川染五郎©NHK

大河『鎌倉殿の13人』美しすぎる市川染五郎が三谷作品に登場した深~い意味

現在放映中のドラマから注目すべきイケメン俳優をご紹介。今回は、NHKの大河ドラマ『鎌倉殿の13人』で登場直後からネットをざわつかせている、歌舞伎俳優の市川染五郎さんをズームアップします

役柄に圧倒的な説得力を与える美貌と色気

現在放送中のNHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。平安末期から鎌倉幕府誕生へと移行する時代を舞台に、源頼朝(大泉洋)のもとに集まった面々が権力を巡って繰り広げるパワーゲームを、後に最高権力者となる北条義時(小栗旬)を中心に描く。

政治闘争のドロドロが展開する一方、随所にちりばめられるコメディー要素にハマる人も多く、毎週日曜日の夜は関連ワードがツイッターのトレンドランキング上位に並ぶのだが、第13回が放送された4月3日は、ある人物の登場でネットが沸いた。

その人物とは、源義高に扮する市川染五郎である。

頼朝は、従兄の木曽義仲(青木崇高)が平家と通じているのではないかと疑い、人質を差し出すよう求める。その命を義仲に伝えた義時は、と同時に、義仲のもとに身を寄せている叔父の源行家(杉本哲太)を渡せばいいと勧めるが、自分を頼ってきた者を追い出すことはできないと断り、代わりに選んだのが、嫡男の義高だった。

そして場面は変わり、義高=染五郎のアップが映し出される。筆者はドラマをリアタイしながらツイッターをウォッチしていたが、この瞬間から「美しすぎる!」「麗しい!」といったツイートが溢れんばかりに続々と投稿されるのを目撃した。

尊敬する父の命に従い、源義高は人質として鎌倉へ ©NHK

義高は美しくなければならない。表向きは頼朝の娘・大姫の許婚として鎌倉に入るのだが、大姫のみならず気性が荒く敵に厳しい御台所の政子(小池栄子)までも初対面で好感を抱き、温かく迎えることになるからだ。

史実にある通り、後に悲劇に見舞われた際、大姫と政子が義高のためにした行動をとってみても、どれだけ惚れ込んでいたかがわかる。そういう意味で、染五郎の美貌と色気は、義高という役柄に圧倒的な説得力を与えている。

Profile

香月友里

かづき ゆり。フリーライター。出版社の編集者を経てライターに。同居する5匹の犬猫たちにお仕えしながら、映画とドラマと演劇とJ-POPにどっぷり浸る日々を送る

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました