Loading...
×

Culture

Netflixシリーズ『恋慕』独占配信中

年末年始のおうち時間に!Netflixオススメ韓国ドラマ3選①恋慕

家でゆっくり、時間を気にせず過ごせるお正月休みは、あまたある配信ドラマのなかでも長い作品を見る絶好のチャンス! となれば、やっぱり面白さでは群を抜く韓国ドラマを。まずはイケメンだらけのこの作品から!

185センチ超の正統派イケメンたちが宮中に!

2021年秋に公開されるや、Netflixの人気ランキング上位の座をキープし続けている韓国時代劇『恋慕』。ラブロマンスあり、ドロッドロの政争あり、アクションあり、そして笑いありと、エンタメの魅力がギュッと詰まったドラマである。

舞台は李氏朝鮮時代の王宮。世子(王位継承者)の妃が男女の双子を出産する。双子はタブーとされ、さらに儒教規範には「男女有別」という男性優位の理念があり、女とともに生まれた子を世継ぎにするわけにはいかなかった時代。妃の実父であるサンホン君の提案で、双子ではなかったことにするため女児を葬るよう王命がくだるが、妃は女児が産まれてすぐ亡くなったと偽り、極秘裏に都の外へ逃した。

それから数年が経ち、世孫(王の孫で世子に次ぐ王位継承者)としてふさわしい文武に長けた少年に成長したイ・フィは、自分と瓜二つのタミという宮女に出会う。「双子のようにそっくりだった」と言うイ・フィの話を聞き、タミが我が娘だと察した妃は、彼女のことは二度と口にしないよう厳命する。しかし、ちょうどそのころ自分の学問の師が反逆罪で捕えられてしまい、会うことがかなわなくなったイ・フィは、師に会いに行くためにタミに頼んで自分と入れ替わってもらう。そうして“タミ”が宮中を行き来するうちに、双子の秘密を闇に葬り去った者たちにも勘づかれ、“タミ”はサンホン君の腹心の手によって殺される。だがそれは、タミに変装したイ・フィだった。

“イ・フィ”として生きるタミ(パク・ウンビン)は、凛々しい王子に成長した

遺体と対面した妃は、死んだのがイ・フィだと気づく。そして、誰が殺害を命じたのかも。このことが知られたら一族の破滅と、妃はタミに「死ぬまでイ・フィでいるように」と命じる。この日から、タミは“イ・フィ”になりすまして陰謀渦巻く宮廷で生きることになった——。

息子の出世を望む父親の計略によって、王宮で働くことになったチョン・ジウン(ロウン)。ジウンはタミの初恋の相手でもある

この作品が人気を集めている要因は、もちろんストーリーの面白さにあるのだが、世孫を取り巻くイケメンたちによるところも大きい。タミの初恋の相手であり、“イ・フィ”に古典の書物を解説する講師となるチョン・ジウンを演じるロウンは、凛々しい中にキュートな一面も見せてギャップ萌えさせる好男子系。人気アイドルグループSF9のメンバーである。

影になり日向になって”イ・フィ”を守る、従兄のイ・ヒョン(ナム・ユンス)

イ・フィの従兄イ・ヒョン役ナム・ユンスは、これまた好感度高めな塩顔系。モデル出身だがドラマ『人間レッスン』(2020年)で俳優としてもブレイクした。そして“イ・フィ”の護衛兵キム・ガオンに扮するチェ・ビョンチャンは、色気を漂わせるミステリアス系。アイドルグループVICTONに所属する次世代ホープだ。

“イ・フィ”の護衛を務めるキム・ガオン(チェ・ビョンチャン)

いずれもタイプは違えど正統派イケメンで、しかも185センチ超の高身長。こんな面々が“イ・フィ”に尽くし、命も顧みずお守りするのだ。決して明かせない恋の行方も相まって、キュンキュンしないほうがおかしい。

美しき王子“イ・フィ”=タミを演じるのは、人気女優のパク・ウンビン。『恋のドキドキ・シェアハウス~青春時代~』(2016年)や『私だけに見える探偵』(18年)など数多くの人気ドラマに出演するほか、バラエティーでも活躍。22年に公開されるドラマ『変な弁護士ウ・ヨンウ』の主演も決定している。

また、幼少期のタミとイ・フィの2役を演じた人気子役のチェ・ミョンビンがとってもキュート。聡明な世孫と清楚な宮女を丁寧に演じ分けていて、『梨泰院クラス』はじめ数多くのドラマにひっぱりだこなのも頷ける巧さだ。

全20話の長編だけれども、ハラハラキュンキュンしっぱなしでラストまで一瞬も飽きさせない作品である。

【関連記事】『梨泰院クラス』『パラサイト』のふたりにBTSの劇中歌と話題満載。~『その年、私たちは』
【関連記事】『ミセン』~プロ棋士への道を絶たれた青年のその後をイム・シワンが好演
【関連記事】韓国の人気グループENHYPEN(エンハイフン)が仏ブランド「AMI(アミ)」のアンバサダーに就任!

Profile

香月友里

かづき ゆり フリーライター。出版社の編集者を経てライターに。同居する5匹の犬猫たちにお仕えしながら、映画とドラマと演劇とJ-POPにどっぷり浸る日々を送る

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました