×

富士山とモーターカーが楽しめる「富士スピードウェイホテル」Vol.1【倉田真由美のBeauty Life】

モータースポーツとホスピタリティの融合を掲げた、新しい感性のラグジュアリーホテルが誕生しました。その日の天気や四季の移ろいとともに表情を変える富士山、そして迫力あるサーキットを走る車を間近に感じ、見て、体験し、食し、スパで癒やされる理想の休日を過ごしましょう。

富士山orサーキット。窓からの眺望はどちらも最高!

一昨年、誕生した「富士スピードウェイホテル」は、スイート21室と専用ガレージ付きヴィラを含む全120室の客室を持つラグジュアリーなホテル。全室にバルコニー、またはテラスがあり、目の前に雄大な景色が広がる「富士山ビュー」、ダイナミックな「サーキットビュー」、いずれかを選ぶことができます。

2024/01/24 富士山
窓から美しく壮大な富士山を望むことができる「富士山ビュー」の客室。シックで洗練されたインテリアもすてき

私が滞在した「富士山ビュー」は、部屋からもバスルームからも富士山を望むことができる素晴らしいロケーション。室内やホテル内のあちらこちらに、世界各地のサーキットをイメージソースにしたモチーフや写真があり、サーキットでレースがある時は、走る車のエンジン音や空気の振動が感じられるなど、ここでしか味わえないホテルステイが実現。ドッグフレンドリー ホテルでもあるので、ヴィラや一部の客室では、大切な家族との時間を共有することができます。

2024/01/24 サーキット
ミュージアムショップの奥にあるカフェからの眺望。夕刻のサーキットも風情があってドラマチック。

車好きでなくても楽しめるモータースポーツのミュージアム

「富士スピードウェイホテル」の1階と2階にある「富士モータースポーツミュージアム」は、約130年にわたるモータースポーツの歴史が感じられる世界でも珍しいミュージアム。私たちが今、当たり前のように利用している車が、約130年前に発明されて以来、絶え間ない進歩を遂げてきた背景には、レーシングカーの性能を競い合うモータースポーツがあり、その技術発展に携わった人々の情熱があったとは……。約40台の貴重なレーシングカーを目の当たりにすると、モータースポーツにはあまり興味のなかった私でさえ感慨深い気持ちになります。

2024/01/24
TOYOTAが運営するミュージアムとはいえ、国や年代、メーカーを問わず、さまざまな車が提示されている「富士モータースポーツミュージアム」入場料: 大人 ¥1,800(平日)、¥2,000(土日祝)

また、未来に向け、避けて通ることができない環境問題への取り組みなど、これからの車のあり方についても知ることができる仕組みとなっています。

2024/01/24
さまざまなところにカーモチーフが施されているホテル内。宝探しをするようにそれらを見つけるのも楽しい

肌へのやさしさと効果。そして心地よさを両立する新ブランド「MEM」
パーソナライズする「グラノーラ」で自分に合った腸活を!
新たな美を切り拓く『プラダ ビューティ』ついに登場!

富士スピードウェイホテル
410-1308 静岡県駿東郡小山町大御神645 
https://www.hyatt.com


富士モータースポーツミュージアム 
https://fuji-motorsports-museum.jp

Profile

倉田真由美(くらた・まゆみ)

35年以上のキャリアを持つ美容ジャーナリストの草分け的存在。女性誌の美容ページや新聞のコラムなどで執筆する傍ら、美容やエイジングケアにまつわる講演などで活躍。
Instagram:@mayumikurata_beauty

リンクを
コピーしました