×

Fashion

マーゴットロビー、セレーナゴメスらゴールデングローブ授賞式に豪華スター来場。今年のベストドレッサーは?

2023年1月10日(火)に開催された第80回ゴールデン・グローブ賞。豪華スターのドレスアップ姿をお届け!

2023年のアワードシーズンが幕開け! ロサンゼルスで開催されたゴールデン・グローブ賞の授賞式で披露されたレッドカーペットルックは、イエローやピンクといった明るい春を予感させるカラードレスがトレンドの模様。今最も旬なスターたちが着用したルック&ブランドをまとめてチェックして。

マーゴット ロビー

「シャネル」のアンバサダーであり女優・プロデューサーのマーゴット ロビーは2022/23年秋冬 オートクチュール コレクション ルック41からインスパイアされた、カスタムメイドのドレスを着用。シェブロンモチーフが印象的なライトピンクのシャンテリーレースとシルクチュール素材のフレアーロングドレスに、羽根飾りの装飾と3万個以上のスパンコールやビーズ刺繍(ししゅう)が施され、750時間かけて制作されたピースゆえにオーラも格別。主演女優賞にノミネートされた映画『バビロン』は2023年2月10日に日本公開。

セレーナ・ゴメス

Valentino/GettyImages

ドラマ『マーダーズ・イン・ビルディング』でゴールデン・グローブ賞の主演女優賞にノミネートされたセレーナ・ゴメスは、9歳の妹のグレイシーを連れて授賞式に出席。2022-23年秋冬オートクチュールコレクション「ヴァレンティノ ザ ビギニング」のドレスを着用。

デイジー・エドガー=ジョーンズ

ドラマシリーズ『アンダー・ザ・ヘブン 信仰の真実』で助演女優賞にノミネートされたデイジー・エドガー=ジョーンズ。センシュアルな「グッチ」のブラックドレスで会場の視線を独占! レースやスパンコール、フリルが繊細な一着を堂々と着こなして。

ミシェル・ウィリアムズ

映画ドラマ部門の作品賞を受賞した『フェイブルマンズ』の主演を務めるミシェル・ウィリアムズは「グッチ」のカスタムドレスを着用。ビーズでトリミングされたプリーツ生地がふわっとラッフル状に仕立てられたドラマティックなデザインが印象的。

アニャ・テイラー=ジョイ

映画『ザ・メニュー』でミュージカル/コメディー部門の主演女優賞にノミネートされたアニャ・テイラー=ジョイ。「ディオール」2023 プレフォール コレクションからシルクのトップ&スカートを着用。鮮やかなイエローが目を引く美しさ。

オースティン・バトラー

映画『エルヴィス』で主演男優賞にノミネートされたオースティン・バトラー。気品が漂う「グッチ」のサテンラペルのスリーピースタキシードをスタイリッシュに装って。モダンな印象のアンクルブーツを着用し、足元まで完璧なルックスで会場を魅了。

Recommended

Pick Up

Ranking

リンクを
コピーしました