Loading...
×

Fashion

キーラ ナイトレイやマリオン コティヤールも来場!軽やか&フェミニンなムード漂うシャネル 2022/23年秋冬 オートクチュール コレクション

「シャネル」が、2022/23年秋冬 オートクチュール コレクション ショーを発表。会場となったパリのエトリエ馬術センターには、メゾンとゆかりのあるゲストが多数来場し、華やかなお祝いムードの中、繊細な装飾が際立つフェミニンでナチュラルなコレクションが披露された。

創業者ガブリエル シャネルが思い描いていたようなルックを再現

7月5日(火) 日本時間 21:00に発表された「シャネル」の2022/23年秋冬 オートクチュール コレクション。今回のコレクションは、前回のショーの流れを汲みつつ、イメージをさらに膨らませることで実現したという。アーティスティック ディレクターのヴィルジニー ヴィアールはコレクションのキールックについて次のように語っている。「この新しいコレクションでは、ガブリエル シャネルが1930年代に思い描いていたようなスーツや、身体に添ったロング ドレスが登場します。肩のシルエットが強調されていながらも登場するプリーツのウェディングドレスは、その一例です」

さらに、丸みを帯びた肩、スクエア型に開いた背中、ジオメトリックな形状や模様の刺繍は1930年代を想起させ、極めて「グラフィック」な装飾が施されたディテールにも注目だ。これは、前アーティスティック ディレクターのカール ラガーフェルドの思い入れが特に深いキーワードでもある。ヴィルジニー ヴィアールも「私はグラフィックなアプローチをナチュラルなルックで崩すのも好きです。軽やかでフェミニンで、着るためにデザインされた服。これ以外のものは考えられません」とコメントした。

【関連記事】マドモアゼル シャネルが愛したナンバー“5”が輝くファインジュエリー発表

お問い合わせ先

シャネル カスタマーケア/0120-525-519

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました