×
''

Fashion

ビヨンセとジェイ・Zによる「ティファニー」のキャンペーンフィルム「アバウト ラブ(ABOUT LOVE)」

「ティファニー」からビヨンセとジェイ・Zが出演するキャンペーンフィルム「アバウト ラブ(ABOUT LOVE)」が到着。音楽界のパワーカップルによるHOTなムービーを今すぐチェック!

「ティファニー」は、ビヨンセとジェイ・Zが出演するキャンペーンフィルム「アバウト ラブ(ABOUT LOVE)」をローンチ。これは映画監督エマニュエル・アジェイによるもので、彼はビヨンセが製作総指揮・脚本・監督を務め2020年に公開されたビジュアル・アルバム『ブラック・イズ・キング』にも参加している。今回のキャンペーンフィルムは、1961年に公開された映画『ティファニーで朝食を』の主題歌「ムーン・リバー」をビヨンセがアレンジしつつ歌い、その様子をジェイ・Zがスーパー8カメラで撮影するという内容となっている。

ABOUT LOVE(#AboutLove #TiffanyAndCo)

キャンペーンフィルムでは、ビヨンセは「ティファニー ダイヤモンド」をはじめとするダイヤモンドジュエリーをまとって登場。「ジャン・シュランバージェ」や「ティファニー Tコレクション」など、ブランドのアイコンであるジュエリーが多数登場する。また、ジェイ・Zが着用しているカフリンクスは、ジャン・シュランバージェがデザインした名作ブローチ「バード オン ア ロック」を、ティファニーの職人がカフリンクスに仕立て直したもの。1960~70年代にかけて活躍したジュエリーデザイナーのジャン・シュランバージェが生み出したユニークなデザインが、現代でも通用することを証明している。

また、撮影は建築家ゾルタン・パリが設計した総面積18800平方フィートを誇る3階建ての豪邸「オルム・ハウス」で行われた。ロサンゼルスにあるこの場所を選んだのはビヨンセとジェイ・Z自身。2人の親密な瞬間をさりげなく切り取った、ナチュラルな仕上がりのフィルムとなった。

「ティファニー」は、「アバウト ラブ」キャンペーンで彼らとコラボレーションしたことをきっかけに、「ベイグッド(BeyGOOD)」と「ショーン・カーター奨学基金(Shawn Carter Foundation)」とのパートナーシップによる「ティファニー アバウト ラブ 奨学金(Tiffany & Co. About Love Scholarship)プログラム」を創設。Historically Black Colleges and Universities (HBCUs)で芸術活動や創作活動を行う学生を対象に、200万米ドルの奨学金の提供を約束。「ティファニー アバウト ラブ 奨学金」 は、小規模の私立大学及び州立大学の中から厳選された、ペンシルバニア州のリンカーン大学、バージニア州のノーフォーク州立大学、ノースカロライナ州のベネット・カレッジ、アーカンソー大学パインブラフ校、オハイオ州のセントラル州立大学の5校に授与される。

音楽界を代表するパワーカップルが、”恋い焦がれる気持ち”、”再会”、そして”時空を超えた絆のラブストーリー”を描いた「アバウト ラブ」。どこかノスタルジックでロマンチックなこのショートフィルムを、ぜひチェックして。

お問い合わせ先

ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク  tel: 0120-488-712


URL: www.tiffany.co.jp

関連情報

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました