×

マルベリー×ステファン・クック第2弾発売。 唯一無二のリメイクバッグで提案する“循環型ファッション”

英国発レザーグッズメーカーのマルベリーが、ロンドンを拠点に活動するメンズブランドのステファン・クックと2度目となるタッグを組んだ。昨年9月に発表したバッグのカプセルコレクションに続き、第2弾となる今回もマルベリーのセカンドハンドアイテムをリメイクした32点のバッグがラインナップ。日本ではドーバーストリート マーケットギンザ限定で販売中だ。

“循環型ファッション”を実現する一点ものバッグ

本コレクションは様々な個性を持つデザイナーとコラボレーションする「マルベリー エディション」シリーズの一環として実現した。2020年にスタートしたバッグの修繕・再販プログラム「マルベリー・エクスチェンジ」を通して買い取った、マルベリーのセカンドハンドバッグをベースにしている。

マルベリー×ステファン・クック コラボレーションバッグ ©︎マルベリー

アイコンバッグの「ベイズウォーター」に一回り大きなハンドルをつけたり、異なるカラーのレザーでリボンのモチーフを付け加えたり、ステファン・クックのシグネチャーである「リボン、スウィング、ブレイド、スラッシュ」という4つのデザイン要素を取り入れて新たなバッグに仕上げた。

マルベリー×ステファン・クック コラボレーションバッグ ©︎マルベリー
ステファン・クック デザイナーのジェイク・バート(左)とステファン・クック(右)

すでに長く愛された製品を、デザインと技術の力によって再び蘇らせる。馴染んだレザーの風合いは他にはない質感で、購入したその時から自分に馴染む感覚をぜひその手にとって確かめてみてほしい。

マルベリーが取り組むサステナビリティ

マルベリーは1971年に英国サマセット州で誕生したレザーグッズメーカー。アイコンバッグである「ベイズウォーター」は2023年に誕生20周年を迎え、タイムレスなラグジュアリーを象徴するアイテムとして愛され続けている。

サステナビリティへの取り組みにも熱心で、前述した「マルベリー・エクスチェンジ」に加え、2021年には「Made to Last(メイド・トゥ・ラスト)」と題したマニフェストを発表。2030年までに原料調達からサプライチェーンまでの全工程を再生型・循環型ビジネスモデルへと転換することを宣言した。

マルベリー×ステファン・クック コラボレーションバッグ ©︎マルベリー

2022年10月以降は全てのコレクションにカーボンニュートラルを意識したレザーを使用。パートナーである自然保護団体World Land Trust(ワールド・ランド・トラスト)との協業や、環境に配慮した取り組みにより認証を受けているタンナリーからのレザー調達によって実現している。

次のページではGINZA SIX旗艦店の移転・拡大オープンについて

お問い合わせ先

ヒラオインク tel:03-5771-8808

関連情報
  • マルベリー GINZA SIX旗艦店
    住所:東京都中央区銀座6丁目10−1 GINZA SIX 3F
    営業時間:10時30分~20時30分
    https://www.mulberry.com/jp/

リンクを
コピーしました