×

海外セレブから学ぶ、カジュアルなドレスアップ術

@haileybieber/着用ドレス:トリーバーチ

ホリデーシーズンはもちろんのこと、年明けのイベントに向けて、最新トレンドを取り入れたマイスタイルをアップデートしておきたい。そこで海外セレブたちのカジュアルなドレスアップスタイルを解説。彼女たちのスタイルを参考に、今年に負けず、来年も自分らしさをアップデートしていこう!

トレンドの「ノーボトム」で一気に垢抜け!

この投稿をInstagramで見る

Hailey Rhode Baldwin Bieber(@haileybieber)がシェアした投稿

グッチやミュウミュウ、プラダなどを筆頭に2024年SSコレクションから登場した超ミニショートパンツを採用した、「ノーボトム」は来年の最注目トレンドカテゴリー。その火付け役となったのは、ヘイリー・ビーバーをはじめとする海外セレブたちとも言えるだろう。彼女たちがいち早く取り入れ、ストリートスナップでキャッチされたことも影響している。このノーボトムスタイルでのポイントは、ヘイリー・ビーバーのように大きめのアウターやロング丈のコートで、タイトとルーズのミックスバランスを作ること。足元はボリュームのあるシューズより、ポイントトゥのスタイリッシュなパンプスやロングブーツが今っぽい。ボトムとトップを同色に合わせるのもポイントだ。素足で出歩くのは少し……という方は、デニール数の低いタイツで大人の色気を漂わせて。

良い意味での“裏切り”! ロングブーツの幅広い可能性

この投稿をInstagramで見る

irina shayk(@irinashayk)がシェアした投稿

モデル、イリーナ・シェイクの私服スタイルは世界中から注目の的。その理由として良い意味での“裏切り”を作り出すスタイリング術があるからだろう。例えば彼女がよく愛用するロングブーツのアイデアが豊富だ。ベーシックなレザーブーツは抜け感を作ろうと異素材のアイテムを合わせがちだが、イリーナは敢えて全身レザーでまとめる。インパクト大のアニマル柄のニーハイブーツには、同じくらい印象の強い2PACがプリントされたTシャツを合わせる。そんな風に強めのアイテムを掛け合わせて楽しむのもあり。またロングブーツはドレスアップスタイルを盛り上げてくれるアイテム。いかにスペシャルにアップデートできるかを考えるだけでワクワクする。

主役はアクセサリーで上品スタイルを追求

この投稿をInstagramで見る

DUA LIPA(@dualipa)がシェアした投稿

世界的なアーティストであり、ファッションセンスも抜群なデュア・リパが先日、日本に訪れた際のスタイルをピックアップ。日本を愛する彼女が東京で身を包んだコーディネートは、アクセサリーを主役としたシンプルかつ存在感を放つスタイル。首元と顔まわりの煌めきが東京の街のネオンとリンクする。洋服は極力、シンプルなものを選ぶことで上品な印象を与える。アクセサリーをコレクションしていても毎度同じ組み合わせになってしまうことも多々。この機会にアクセサリーのコーディネートを見直してみるのはいかが?

甘辛MIXで奥行きのあるスタイルが完成

この投稿をInstagramで見る

Sydney Sweeney(@sydney_sweeney)がシェアした投稿

テレビドラマ『EUPHORIA(ユーフォリア)』でブレイクした俳優のシドニー・スウィーニーのファッションはセクシーかつユニークで幅広い。シンプルなドレスで登場する時もあれば、ある時はガーリーでアイコニックなコーディネートに身を包み、常に違ったスタイルで新鮮さがある。ある撮影の様子をアップしたスタイリングは、ドレッシーなワンピースにストイックなレザーブーツを合わせ、あらゆる彼女の魅力が凝縮されたスタイルに。彼女をお手本にして、甘辛MIXをテーマにコーディネートを考えてみよう。

text: Saki Shibata

ホリデーシーズンのドレスアップを盛り上げるプラスワンアイテム4選
2023年秋冬の“花柄”アイテムは、可愛さよりも気品!

リンクを
コピーしました