×

ノワール ケイ ニノミヤ【2024年春夏パリコレクション】

2024年春夏のパリコレクション。モードの最高峰といわれるパリならではの多彩な新作が披露された。それらの中から、マリ・クレールデジタル編集長の宮智泉が注目のブランドをピックアップ。

ファーストルックは全身黒ずくめ。剣道の防具か中世ヨーロッパのよろいのようなスタイルだ。チュールのスカートが全体の雰囲気を和らげる。全体を通してハードな部分とソフトな部分が共存している。

毎シーズンのように、意外なパーツを選んで使い、服を作り上げていく二宮啓が今回選んだのは、サスペンダーなどに使われるクリップだ。普通にサスペンダーのように使うだけではなく、クリップをつないで服にしたり、装飾として使ったり。ファッション界では「手仕事」が強調される昨今だが、二宮の手仕事は素材選びも作り方も他とはひと味もふた味も違う。

途中からはシャツやラッフルなどに白が要素として加わり、白の服へ。二宮は黒を際立たせるために白を使ったのだという。黒のインパクトもさることながら、白が黒を際立たせるだけでなく、白そのものの美しさもまた際立っていた。

text: Izumi Miyachi

ヨウジヤマモト【2024年春夏パリコレクション】

リンクを
コピーしました