×
''

Fashion

「ルイ・ヴィトン」2021秋冬コレクションで披露されたサステナブルな新作“フェルト・ライン”がローンチ

「ルイ・ヴィトン」から、3つのアイコンバッグにフィーチャーした“フェルト・ライン”がついに登場。メゾンが推進するサステナビリティとイノベーションが結集した新作をチェック。

メンズ アーティスティック・ディレクター、ヴァージル・アブローによるルイ・ヴィトン 2021 秋冬コレクションで初披露された“フェルト・ライン”が、2021年7月16日(金)に発売される。3つのアイコニックなレザーバッグに持続可能性を創造するメゾンの取組みを反映した、サステナブルなピースが誕生。オーガニックコットンやリサイクルウールをベースとしたジャカード織りや、既存の製品在庫から再利用された100%リサイクルポリエステル、リサイクルプラスチック素材のチェーンなど、環境に配慮した素材を用いてデザインされている。

ヴァージル ・アブローが「ルイ ・ヴィトン」初のコレクション以来製作し続けている「ソフトトランク」©Louis Vuitton Malletier

バッグの主な素材となっているテキスタイルは、最高水準のオーガニックコットン43%とリサイクルウール20%を、チェーンとコーナー部分には70%再生プラスチックを使用。さらに、ライニングにはメゾンの在庫の生地からアップサイクルされた100%リサイクルポリエステル素材を使用することで、余剰な生産を減少させることに貢献している。

ストラップとハンドルには、皮革産業において最も厳しい環境基準を課す国際認証団体である「LWGレザーワーキンググループ」による認証を受けたレザーを採用。すべてのアイテムに、ヴァージル ・アブローが既存在庫のレザーを利用してデザインしたシグネチャー入りのレザーパッチも付属され、2025年までに製品を100%エコデザイン対応するというメゾンの目標が象徴されている。

©Louis Vuitton Malletier

徹底した素材へのこだわりと同時に、モードかつスタイリッシュなデザインに仕上がっているところも「ルイ・ヴィトン」ならでは。男性はもちろんのこと、ジェンダーレスなスタイルで持つことができ、女性にもおすすめ。不規則性がユニークなジャカード織りや、ルレックスヤーンのタフティングの向こうから覗くモノグラム・パターンが印象的。

©Louis Vuitton Malletier

2021秋冬コレクションのメインテーマである「日常生活における美と創造性」を具現化したこの“フェルト・ライン”。バッグと同様の基準を満たすロングコートがプレタポルテにもラインナップ。

Photo Credit: Louis Vuitton, Ludwig Bonnet

メゾンの持続可能な未来に対する挑戦が結実した最新作を手に入れて、サステナブルなファッションにトライして。

■商品情報

キーポル・バンドリエール 50 ¥665,500

ソフトトランク¥566,500

キーポル XS ¥341,000

お問い合わせ先

ルイ・ヴィトン クライアントサービス/0120-00-1854

関連情報

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました