×

「美の革命」の全貌を解き明かす およそ50年ぶりの大キュビスム展へ

西洋美術の歴史に大きな変革をもたらしたキュビスム。パリ・ポンピドゥーセンターの所蔵品が多数来日し、その起源から影響までを一度に見られる。衝撃を追体験して。

キュビスム展
ロベール・ドローネー《パリ市》 1910-1912年
Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne – Centre de création industrielle(Achat de l’État, 1936. Attribution, 1937)
© Centre Pompidou, MNAM-CCI/Georges Meguerditchian/Dist. RMN-GP

国立西洋美術館で、日本では約50年ぶりとなる「キュビスム」の大型展覧会が開催中だ。世界屈指の近現代美術コレクションを誇るポンピドゥーセンターの所蔵品から、キュビスムの歴史を物語る作品が揃う。主要作家約40人による絵画を中心に、彫刻や素描、映像作品など約140点を展示。そのうちの50点以上が日本初出品だ。キュビスムがどのように生まれ、どう変化を遂げていったのか。芸術家たちの葛藤と実践を追うことができる。

キュビスムは20世紀初頭、パブロ・ピカソとジョルジュ・ブラックによって生み出された。本展は誕生の「前夜」からスタートする。その頃、ピカソやブラックをはじめとする多くの芸術家が、モンマルトルにある「洗濯船」と呼ばれた集合住宅兼アトリエに集った。新たな絵画を求める画家たちの間で、注目を集めた芸術がある。例えば、独学で絵を始め、独創性で驚きと嘲笑を呼んだアンリ・ルソー、遠近法を無視して自然を簡素な幾何学的形態で描き、複数の視点を一枚の絵に取り込んだポール・セザンヌ、アフリカやオセアニアの造形物などだ。

キュビスム展
フェルナン・レジェ《婚礼》 1911-1912年
Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne – Centre de création industrielle (Don de M. Alfred Flechtheim en 1937)
© Centre Pompidou, MNAM-CCI/Philippe Migeat/Dist. RMN-GP

これらに刺激を受けたピカソは、1907年に《アヴィニョンの娘たち》を完成させた。ブラックは物議を醸したこの大胆な裸婦像に応答し、《大きな裸婦》を描く。また、セザンヌゆかりの地レスタックを訪ね、セザンヌ風の幾何学的フォルムを積み重ねた風景画を確立した。1908年、一連の風景画を個展で発表すると、批評家から「キューブ(立方体)」に還元していると評され、ここに「キュビスム」が誕生する。本展では、ルソーやセザンヌの絵画、アフリカ彫刻、《アヴィニョンの娘たち》の習作である《女性の胸像》、ブラックの《大きな裸婦》《レスタックの高架橋》が並び、キュビスム誕生に至る流れを一望できる。

そうしてピカソとブラックは意気投合し、共にキュビスムの造形実験を重ねていく。人物や静物を複数の視点から観察し、細かな幾何学的形態に分割して表現。コラージュを取り入れるなど、新しいアイデアを次々と試みた。その冒険の過程は本展の見どころの一つだ。

キュビスム展
フアン・グリス《朝の食卓》 1915年10月
Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art moderne – Centre de création industrielle (Achat, 1947)
© Centre Pompidou, MNAM-CCI/Philippe Migeat/Dist. RMN-GP

2人の天才画家によるキュビスムの探究は、第一次世界大戦で終わりを迎える。だが、その影響は多くの芸術家におよんだ。パリのサロンで展示を行った「サロン・キュビスト」の画家たちは、スケールの大きい風景や人物群像を描いた。ロベール・ドローネーの《パリ市》はパリの街と裸婦像が組み合わせられた幅約4メートルの大作で、今回が初来日となる。マルク・シャガールやアメデオ・モディリアーニなど、フランス国外から来た芸術家たちは、モンパルナスのアトリエ「ラ・リュッシュ(蜂の巣)」に集まり、キュビスムを吸収して自身の作風を生み出した。彼らの作品のほか、フアン・グリス、フェルナン・レジェなど、キュビスムを発展させた画家の作品が多数展示されている。さらに、ロシアや東欧の芸術家への影響、デュシャン三兄弟による彫刻作品、建築や装飾芸術への展開など、キュビスムが多面的に広がっていくさまを展覧する。

第一次世界大戦下では多くの芸術家が動員されたうえ、フランス国内で古典的な油彩画に回帰する動きが顕著になり、反キュビスムが唱えられた。孤立の中で生み出された作品、そして戦後にキュビスム以降の芸術運動として台頭した、アメデ・オザンファンとル・コルビュジエによる「ピュリスム」、レジェの「機械美学」までを追いかける。キュビスムがいかに派生していったか、影響の大きさに驚かされることだろう。

キュビスム展
アメデオ・モディリアーニ《女性の頭部》 1912年
Centre Pompidou, Paris, Musée national d’art modern – Centre de création industrielle(Achat, 1949)
© Centre Pompidou, MNAM-CCI/Philippe Migeat/Dist. RMN-GP

Exhibition data
パリ ポンピドゥーセンター
キュビスム展―美の革命
ピカソ、ブラックからドローネー、シャガールへ
会場:国立西洋美術館
住所:東京都台東区上野公園7-7
会期:2024年1月28日(日)まで
開館時間:9時30分~17時30分(毎週金・土は20時まで)※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし、1月8日〈月・祝〉は開館)、 12月28日(木)~1月1日(月・祝)、1月9日(火)
問い合わせ:050-5541-8600(ハローダイヤル)

関連情報

リンクを
コピーしました