Loading...
×

【宿泊券プレゼント】星野リゾートの温泉旅館「界 津軽」の大浴場に、冬を楽しむ「かまくら露天風呂」が誕生

青森・弘前から電車で10分。「津軽に息づく文化と四季をめぐる宿」をテーマに、古くから湯治場として知られる津軽の奥座敷にたたずむ温泉旅館「界 津軽」。2022年11月に大浴場をリニューアルし、内湯の外にある湯船を囲うようにアーチがついた「かまくら露天風呂」が誕生。2019年には津軽文化と四季を感じる「津軽四季の水庭」も新設しており、これから訪れる冬の景色をより一層楽しめる温泉宿だ。日本画の巨匠・加山又造の壁画「春秋波濤」の前で毎晩開催される、伝統芸能・津軽三味線の生演奏も見逃せない。今回、この宿の宿泊券(1泊夕朝食付き)を1組2名様にプレゼント!

名湯・大顎温泉の大浴場に、「かまくら露天風呂」が誕生

かまくら露天風呂と灯籠(イメージ)
大浴場の雪見風呂

古くから湯治場として親しまれ、肌をしっとりさせる泉質の大鰐温泉。大きな窓越しに四季折々の風景を眺められる内湯の大浴場は、青森ヒバの湯船だ。その内湯の外にある水庭に張り出した場所にリニューアルされたのが、湯船を囲うようにアーチがついた「かまくら露天風呂」。例年11月下旬頃に初雪を迎え、厳冬期には1メートルを超える積雪エリアにあるため、まるで、かまくらの中に入っているような気分で雪見風呂を楽しめる。

また、「かまくら露天風呂」から望む水庭には、2019年に誕生した「津軽四季の水庭」と同じく、館内各所に取り入れている青森の伝統工芸「津軽こぎん刺し」のデザインをあしらった灯籠を設置。同じデザインを反映させることで、施設のテーマをさらに感じてほしいという思いが込められている。温もりのある柔らかい光をたずさえ、津軽文化が彩る景色を満喫できる。

伝統工芸を取り入れたご当地部屋「津軽こぎんの間」

和室リビングスペース付
津軽こぎん刺し体験

ご当地部屋には、「かまくら露天風呂」の灯籠にも使用されている「津軽こぎん刺し」の障子や掛け軸、行灯など、いたるところにその模様があしらわれている。プロデュースは、青森県出身のkoginアーティスト・山端家昌氏。デザインは、モダニズム建築を実践した日本の建築家、坂倉準三氏が創設した建築設計事務所が担当した。

また、「津軽こぎん刺し」を誰でも簡単にできるようにアレンジした、オリジナルの紙製「しおり作り」体験もできる。一針縫うごとに気持ちがなごみ、柄が仕上がっていく楽しさを感じられる。

プレゼントのアンケートはこちらから ※プレゼントの応募期間は12月16日(金)正午まで 本企画で取得した個人情報は、読売新聞東京本社と本プレゼント企画の業務を委託された中央公論新社が商品の発送にのみ使用いたします。 詳細(読売新聞)についてはこちら 詳細(中央公論新社)についてはこちら

関連情報
  • 「かまくら露天風呂」大浴場概要
    期間:11 月 25 日にリニューアルオープン、通年で利用可能
    利用時間:チェックイン日の15:00〜25:00、翌日5:00〜11:30
    料金:無料
    対象:宿泊者全員

    「界 津軽」
    住所:青森県南津軽郡大鰐町大鰐字上牡丹森36-1
    電話:050-3134-8092 (界予約センター)
    客室数:41室・チェックイン15時 チェックアウト12時
    アクセス:【電車】JR奥羽本線大鰐温泉駅より車で約5分/【車】東北自動車道大鰐弘前ICより約15分
    料金:1泊¥25,000〜(2名1室利用時1名あたり、税・サービス料込み、夕朝食付)
    https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/kaitsugaru


     

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました