×

【OMOを唎く】ディープな大阪をエレガントに体感。今春開業した「OMO7(おも)大阪 by 星野リゾート」で、なにわにほれる

「いどばたスイート」で旅の作戦会議をワイワイと

そうした大阪らしさを色濃く反映したエキゾチックな場所に、OMO7大阪は開業した。4月22日のこと。地上14階。客室は8タイプあり、全436室。特徴的なひと部屋が広さ約60平方メートルの「いどばたスイート」だ。リビングに大阪の代表的な観光スポットが描かれた「OSAKAボード」と大テーブルを配し、井戸端会議よろしく、家族や友人たちと自由気ままにおしゃべりしながら、最大6人まで宿泊できる。

外壁を利用した「光の演出照明」は、ホテル近くを通りかかった人も思わず見とれる美しさ

モダンな雰囲気の外壁には省エネに対する配慮が

白亜のモダンな宿泊棟は、環境に配慮した結果のデザインでもあるという。実は外装に「フッ素樹脂酸化光触媒膜」と呼ばれる膜材を使い、外装膜のない場合と比べて、日射量を30~45%軽減できるという。そうすることで、チェックイン時の冷房エネルギーの軽減などにつながる。同時に、外壁を膜材で覆うことでヒートアイランド現象の緩和にも役立つらしい。アルミのフレームに幕を張り、建物の外観を覆う設計は日本初の試みだが、エンターテイメントとしての効用もあった。膜材をスクリーンに見立て、「光の演出照明」を毎晩実施している。宿泊客以外からも注目を集め、11月30日まで「PIKAPIKA紅葉ナイト」と題して、赤色や黄色、橙色に浮かびあがる紅葉の様子を投影している。

「PIKAPIKA紅葉ナイト」に合わせ、紅葉をイメージしたネオンも館内を彩る
「みやぐりん」は緑の丘のようなスペースで思い思いにくつろげる

開放的な空間で四季の移ろいを感じる

パブリックスペースも充実。ホテルの前面には約7600平方メートルの広大なガーデンエリア「みやぐりん」が広がり、宿泊客は思い思いの時間を過ごすことができる。ここには天窓を通じて外気を取り入れた、宿泊客専用の湯屋も併設されている。宿泊施設もゆったりとしている。ダイニングやラウンジなどが入る「OMOベース」は高さ約5メートル、全長約85メートルの開放的な空間で、ガーデンエリアに向けて設けられた窓からは四季の移ろいを感じることができる。ここでは夜、大阪の歴史や文化を寛いだ雰囲気で紹介する「『なにわ』ってなんやねん講座」も無料で開かれている。

開放的な「OMOベース」。ここから街へ繰り出していく
お問い合わせ先

「Naniwa Neo Classic」および「Naniwa KUSHI Cuisine」概要
■料金:各コースともに1名 13,000円(税・サービス料込)*宿泊料別
■予約:公式サイト( https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo7osaka/ )より要予約
■備考:状況によりメニューの内容、食材が一部変更になる場合があります。


OMO7大阪 by 星野リゾート
■所在地: 〒556-0003 大阪府大阪市浪速区恵美須西 3-16-30
■延床面積: 37,253.18 平米
■宿泊料金: ツインルーム 1 泊 61,000 円~ いどばたスイート 1 泊 109,200 円~ *いずれも 1 室あたり・税込・夕朝食付
■施設構成: 地上 1~14 階 客室、OMO ベース(フロント、ライブラリーラウンジ、ショップ、 カフェテリア「OMO カフェ&バル」、レストラン「OMO ダイニング」)、 みやぐりん(ガーデンエリア)、湯屋(温浴棟)
■客室数: 436 室
■交通: 新今宮駅(JR・南海電鉄)目の前、 動物園前駅(Osaka Metro 御堂筋線・堺筋線)・新今宮駅前駅(阪堺電気軌道)から徒歩 3 分
■開業日: 2022 年 4 月 22 日
■電話: 050-3134-8095(OMO 予約センター)
■URL: https://hoshinoresorts.com/ja/hotels/omo7osaka/

Profile

text: Naohiko Takahashi

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました