Loading...
×

Lifestyle

© Louis Vuitton Malletire

ルイ・ヴィトンがアートの祭典「デザインマイアミ2021」で新作「オブジェ・ノマド」を発表

「旅」を出発点にした「ルイ・ヴィトン」が誇るサヴォアフェールと、気鋭のデザイナーたちが融合し生まれる「オブジェ・ノマド コレクション」。その最新作が今月、米フロリダ州マイアミで開催された世界が注目するアートイベント「デザインマイアミ2021」でお披露目された。


「デザインマイアミ」の期間中、マイアミのウィメンズ・ストアに展示された「オブジェ・ノマド」の大規模なセレクション。© Louis Vuitton Malletire

2012年のデビュー以来、常に新しい可能性を模索し続けてきた「ルイ・ヴィトン」の「オブジェ・ノマド コレクション」。世界で活躍するクリエイティブなデザイナーと「ルイ・ヴィトン」が誇る職人のサヴォアフェール(匠の技)の融合したコレクションは、創意工夫に満ちた機能的なファニチャーとオブジェたちが主役だ。

旅行鞄が出発点となった「ルイ・ヴィトン」が現在でも大切にしている普遍的なテーマは「旅」。長い歴史を誇る「ルイ・ヴィトン」の「旅の真髄(こころ)」と受け継がれるエスプリの再解釈に刺激を受けた「オブジェ・ノマド」の各作品には、メゾンの比類なきクラフツマンシップと、デザイナーたちの革新的な創造性が共存する。この特別なコレクションは、フェルナンド&ウンベルト・カンパーナ、マルセル・ワンダース スタジオ、アトリエ・オイ、吉岡徳仁などの多くの著名な国際的デザイナーとタッグを組むことで進化を続けてきた。

そして今年も初公開の新作含む5点が加わり、新しいコレクションを12月に開催された「デザインマイアミ2021」で発表した。米フロリダ州マイアミで毎年開かれる「デザインマイアミ」は、全米最大級のアートフェア「アートバーゼル・マイアミビーチ」と同時期に開催され、希少価値の高いヴィンテージファニュチャーや生産数量限定の家具などに特化して注目を集めているイベント。その「デザインマイアミ」に合わせ、マイアミ・デザイン地区にある「ルイ・ヴィトン」のウィメンズ・ストアでは、パトリシア・ウルオラが特別にデザインした「オブジェ・ノマド」の大規模なセレクションを展示、そして新たにメンズ・ストアがオープンした。


店内に飾られたフェルナンド&ウンベルト・カンパーナ兄弟の「Merengue」とマルセル・ワンダース スタジオの「Petal Chair」。© Louis Vuitton Malletire

壁面を彩るカンパーナ兄弟の作品「Aguacate(アボカド)」。© Louis Vuitton Malletire

テラスにはフランク・チョウによるデビュー作「Signature」のアームチェアやソファが置かれた。© Louis Vuitton Malletire

カラーとフォルムに魅せられる最新作

南米を代表するブラジル人兄弟のデザイナー、フェルナンド&ウンベルト・カンパーナ兄弟の作品「Merengue」 は、渦巻き状に絞り出したメレンゲをヒントにした。いずれもしなやかなルイ・ヴィトン レザーと柔らかなウールライニングによる、8つのパーツで構成されている。鮮やかなカラーが揃った多目的な「Merengue」は、どんな部屋にも明るく生き生きしたムードにしてくれそう。

©️Campana Brothers – Merengue

カンパーナ兄弟による「Aguacate(アボカド)」は、限定30点での発売。まるで鮮やかな太陽が集結したようなデザインで、手織りのルイ・ヴィトン レザーストラップで作られている。壁から飾ったり、天井から吊るして間仕切りにしたりなど、多目的に使える。

©️Campana Brothers – Aguacate

クリーム色のルイ・ヴィトン レザーに包まれた9つのクッションで構成するエレガントな「Petal Chair」は、マルセル・ワンダース スタジオの作品。この機能的でタイムレスな美しさを備えた椅子は、4枚の花びらを座面として配置していて、それは「ルイ・ヴィトン」のアイコニックなフラワーを想起させる。

©️Marcel Wanders studio – Petal Chair

ロー・エッジズが作った「Cosmic Table」はそのシンプルな見た目とは裏腹に、驚くほどに独創的!カーボンファイバー製のベースには連結された3枚の紙を採用。そのベースは、ルイ・ヴィトン レザーの薄い層で巧みに覆われている。まさに最先端のテクノロジーと伝統的なサヴォアフェールが融合したシンボリックな作品。

©️Raw Edges – Cosmic Table

5色の手吹きムラーノガラスの球体を7つ組み合わせたランプ。スタジオ ルイ・ヴィトンがデザインした「Totem Lumineux」はLEDの円柱の光を美しい暖かみを添えて屈折させる。エレガントな彫刻のような佇まいも魅力的だ。

©️Studio Louis Vuitton – Totem Lumineux

中国人デザイナー、フランク・チョウのデビュー作で「オブジェ・ノマド」の新作、「Signature」。アームチェア&ソファの流れるようなアーチは、中国・雲南省の棚田の重なり、そしてアリゾナ州アンテロープ・キャニオンの自然が描くフォルムから着想。複数の色の組み合わせが揃っているのもうれしい。

©️Frank Chou – Signature Sofa

マイアミ・デザイン地区の新たなランドマーク

マイアミ・デザイン地区にオープンしたメンズ・ストアの外観。©️Louis Vuitton Miami Design District Men’s Store with facade inspired by Diamond Screen by Marcel Wanders studio

「デザインマイアミ2021」開催直前の11月30日、マイアミ・デザイン地区に、「ルイ・ヴィトン」にとって世界で2店舗目となるメンズ製品に特化したストアがオープンした。このストアの見どころは、2017年にマルセル・ワンダース スタジオが「オブジェ ノマド」のためにデザインした「Diamond Screen」にインスパイアされたエレガントなファサード。メゾンの伝統的なモノグラム・パターンとかつての「ルイ・ヴィトン」のトランクを飾っていた籐細工を独創的に再解釈している。そして店内には、アトリエ・オイが「オブジェ・ノマド」のために制作した「Spiral Lamp」がヒントになったシャンデリアが飾られている。

© Louis Vuitton Malletire
© Louis Vuitton Malletire

メンズ・ストアのグランドオープンに際して、2021年6月にパリで発表されたメンズ・コレクションの新作15点の限定版も登場。© Louis Vuitton Malletire

【ストア情報】
デザイン・マイアミ地区

ルイ・ヴィトン ウィメンズ・ストア
住所: 140 NE 39th Street 33137 Miami FL

ルイ・ヴィトン メンズ・ストア
住所: 3902 NE 1st Ave,SBS 102 33137 Miami FL

お問い合わせ先

ルイ・ヴィトン クライアントサービス/0120-00-1854


www.louisvuitton.com


 

関連情報
  • text: Tomoko Kawakami

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました