Loading...
×

Lifestyle

ホリデーシーズンの食卓を彩る「バカラ」のアイコン“アルクール”最新作

フランスのクリスタルブランド「バカラ」のアイコンコレクション“アルクール”。その誕生から180年を迎え、今年、記念作品が発表された。

“アルクール”は1841年に、フランス国王ルイ・フィリップが注文したグラスを原型とし、多くの王侯貴族やセレブリティたちに愛され、「バカラ」で最も長く作り続けられている。コレクションの誕生180周年を記念した今回の作品を手がけたのは2010年から「バカラ」とコラボレーションを行っている世界的なプロダクト&インテリアデザイナーのマルセル・ワンダース。発表された5つの作品のなかには、まるで凍らせたかのように霜を思わせる柄が描かれたワイングラスも登場する。レース編みや美しい花、幾何学的なパターンが繊細に表現された幻想的な美しさのワイングラスは、眺めているだけで優雅な気分に。ホリデーシーズンの食卓を華やかに盛り上げてくれるはず。

“アルクール ゼロディグリーズ ワイングラス”2客セット by マルセル・ワンダース スタジオ[H13.5×口径8.2]¥132,000(バカラ/バカラショップ 丸の内)
お問い合わせ先

バカラショップ 丸の内 tel: 03-5223-8868

関連情報

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました