×
''

Lifestyle

ブーケというより現代アート! ブランドやギャラリー、アート関係者が通うフラワーショップ

マリ・クレールの特派員が現地からお届けするパリのおすすめスポット情報! 今回は知る人ぞ知るフラワーショップをご紹介します

アートディーラーが作り出す”芸術品”

15年間アートディーラーとして活躍したルイ・ジェラード・カストールがマレ地区の中庭奥にひっそりとフラワースタジオ「カストール(CASTOR)」を構えたのは2017年。路面からは覗くことができず知る人ぞ知るフラワーショップなのだが、ファッションブランドやギャラリー、アート関係者からの熱い支持を得ている。

店内の様子

「シンプルな造形、プリミティブで象徴的、ブルータニズムでありコンテンポラリーなものを探求している」と語るカストール氏の作品は、季節の花を中心にその巧みなアレンジ力で、まるで現代アートのようなブーケを作り出す。

「人間の手により形作られる繊細さと、自然が持つ本質的なシンプルさの調和を求めています。都会に住む我々が、季節の美しさや自然の力を家の中にまで取り入れたい」と言うカストール氏の作品は、まるで花の命の一瞬を捉える自然の美学のようだ。

店内にはカストール氏が厳選して仕入れた季節の花々や枝などが所狭しと並べられ、その奥には一つの芸術品のように美しい花瓶とブーケが大胆に飾られている。カストール氏にとって花瓶は単なる容器ではなく生きるものの延長であり、マチルド・マルタンやアラナ・ウィルソンなどの現代アーティストによる花瓶の作品も展示し販売している。

花とアート、季節と自然、空間と時間……そんな哲学的なことまでも考えさせる一風変わったフラワーショップにぜひ足を運んでみてほしい。

【SHOP DATA】 CASTOR 住所:14 Rue Debelleyme 75003 Paris 営業時間:10:00~19:00 (日曜、月曜休み) ホームページ:https://www.castor-fleuriste.com インスタ:https://www.instagram.com/castorfleuriste/

Profile

須山佳子

すやま けいこ marie claireパリ特派員。東京生まれ、パリ在住20年。大学を卒業後パリに渡り、INSTITUT FRANCAIS DE LA MODEでファッション経営のMBAを取得。ファッション界で働いた後、日本の美容とライフスタイルブランドを欧州市場へ紹介するコンサルティング会社と、ECサイトhttp://www.bijo.parisを立ち上げる。高級デパート「 ル・ボンマルシェ」に定期的に招待され、年に数回ポップアップを開催している。公式Instagram:http://@keikosuyama_paris

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました