×
''

Lifestyle

気分はパリ。「帝国ホテル 東京」× 「リサとガスパール」コラボアフタヌーンティー開催

「帝国ホテル 東京」では、フランス生まれの絵本『リサとガスパール』とのコラボレーション企画「リサとガスパール 帝国ホテルにやってくる! 」を開催。期間は、7月1日(木)から8月31日(火)まで。

「帝国ホテル 東京」では、フランス生まれの絵本『リサとガスパール』とのコラボレーション企画「リサとガスパール 帝国ホテルにやってくる! 」を開催。期間中は、東京料理長杉本雄氏が考案したアフタヌーンティーやオリジナルメニューを提供。ホテル内では、本企画のために描き下ろしたアートも展示する。

フランスの人気絵本の主人公『リサとガスパール』は、うさぎでもない、いぬでもない、キュートなパリの住人。おしゃまな女の子リサとやさしくナイーブな男の子ガスパールが繰り広げる、ちょっとやんちゃでほのぼのとした日常を描いた世界観は、子供から大人まで世界中で愛されている。

コラボ企画のために描き下ろしたオリジナルアート。”帝国ホテル 東京に遊びに来たリサとガスパール”@2021 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre
 

「リサとガスパール」の世界観をアフタヌーンティーで

コラボレーション企画のメイン「リサとガスパールのアフタヌーンティー旅 “TABI” PARIS-TOKYO」。このオリジナルメニューは、作者のアン・グッドマンとゲオルグ・ハレンスレーベン夫妻との対談をもとに、杉本氏が自身のフランス滞在時の思い出を重ねながら、パリ生まれのスイーツと料理で仕上げた。メニューのひとつ「ヘーゼルナッツのサントノーレ」は、長いサントノーレ通りを散歩するリサとガスパールをイメージ。サクサクのパイ生地にマスカルポーネとホワイトチョコレートのクリームが絶妙な味わい。ラム酒がしっとり効いた「カヌレ」は、杉本氏がパリ時代を懐かしみ、家の近所にあった老舗パティスリー「ストレー」に想いを馳せて作られた。「自由に海外旅行することが叶わない今、パリを旅したかのような気分が味わってもらえたら」と杉本氏。

物語の中にいるような、色鮮やかで独創的なスイーツやセイボリー。「リサとガスパールのアフタヌーンティー旅 “TABI” PARIS-TOKYO」(写真は2人用)¥7,150(サービス料・別)/インペリアルラウンジ アクア(本館17階)11:30〜20:00(LO.18:00)※7月1日現在

ラウンジでは「リサとガスパール」のシブーストやオリジナルカクテルも

パリの伝統菓子”シブースト”をリサとガスパールに見立ててアレンジ。バニラクリームとベリーのコンフィチュールを詰めた白のシブーストはリサを、カカオ生地にチョコレートのクリームとヘーゼルナッツのムースを詰めた黒のシブーストはガスパールをモチーフにしている。

リサとガスパールのシブースト ¥3,000(紅茶またはコーヒー付 サービス料・別)/ランデブーラウンジ(本館1階)11:00〜20:00(LO.19:30)
 
「リサとガスパールの夏」をイメージしたカクテル。フローズンのスイカにシャンパンを注いだ爽やかな味わい。「リサとガスパールのカクテルété 2021」アルコール¥2,200、ノンアルコール¥1,980 (サービス料・別)/ランデブーラウンジ・バー(本館1階)11:00〜20:00(LO.19:30)

可愛らしいオリジナルアートも展示

コラボレーション企画では、帝国ホテルを舞台にしたイラストを制作。リサとガスパールが帝国ホテルを訪れ、いたずら好きの2人がキッチンに迷い込んでしまった、というオリジナルストーリーをもとに描き下ろした作品は、インペリアルラウンジ アクアとランデブー ラウンジ・バーに展示。可愛いいイラストに思わず心も和む。

杉本料理長と一緒にアフタヌーンティーづくりに挑戦するリサとガスパール@2021 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre
正面ロビーのバラにうっとりする2人……@2021 Anne Gutman & Georg Hallensleben / Hachette Livre
お問い合わせ先

「リサとガスパール 帝国ホテルにやってくる!」 期間:2021年7月1日(木)〜2021年8月31日(火)


ご予約 :インペリアルラウンジ アクア(本館17階)tel:03-3539-8186(直通)/ランデブーラウンジ・バー(本館1階)tel:03-3539-8045(直通)


帝国ホテル 東京 tel:03-3504-1111(代表)

関連情報

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました