×

2023年ニューオープン! 最新 TOKYOスイーツショップ5選

谷中「Think」

Think
左から、季節替わりのタルト「タルトフレーズ」(¥700)とプラリネが入った「タルトクレーム」(¥600)

昭和初期の古民家3棟を改築した複合施設「上野桜木あたり」にブーランジェリーパティスリーの「シンク(Think)」がオープン。「Back to New basic」をテーマに、ベーシックやクラシックなスイーツとパンに現代的なエッセンスを加えた商品が目玉だ。素材と製法にこだわり自家製酵母を使用したパンと、発酵バターやナッツをふんだんに使用したフレンチパティスリーがベースのスイーツを提供する。パンとスイーツはそれぞれ、国内外で活躍した実力派シェフが担当。

スイーツは、「ハイアット リージェンシー東京」でシェフパティシエも務めた仲村和浩さんによるもの。風味豊かに焼き上げた「マドレーヌ」(¥230)やレモンとバニラ香るロレーヌ地方の郷土菓子「ケークロラン」(¥350)をはじめ、24時間以上生地を寝かせて作るしっとりもっちり食感の「カヌレ」(¥380)も美味。ホテル出身シェフならではの、上品なアニバーサリーケーキのオーダーも可能だ。

think

古民家をモダンに改築したショップは、インバウンド客も多い

パンを担当するのは、「パティスリーサダハルアオキパリ」や「ゴントラン シェリエ」、「ハイアットリージェンシー東京」、「ガーデンハウスクラフツ」で活躍してきた鈴木嵩志さん。ほかでは食べられないスタイルをモットーに、独自製法によるカンパーニュやクロワッサン、生地に水をたっぷり使った食パンなどが石造りの重厚なカウンターにずらりと並ぶさまは圧巻だ。「とうきびバター醤油」(¥350)や「明太フランス」(¥380)といった総菜パンも充実しているので、同施設内で購入できるクラフトビールと一緒に味わってもよさそう! この7月には「Think」の2階に、和の素材や製法を取り入れたスイーツが食べられる古民家カフェ「雀」もオープン予定。谷中エリアのグルメ散策がますます楽しくなりそうだ。

小楽園 TEA SALON & BOUTIQUE
【住所】東京都渋谷区元代々木町10-9
【営業時間】12:00〜19:00
【定休日】火曜
https://www.shorakuen.com/

Megan(ミーガン)
【住所】東京都世田谷区北沢3-19-20 reload 1-9
【営業時間】11:00 – 19:00 不定休
【電話】03-6407-9899
https://www.instagram.com/megan__patisserie/

Think(シンク)
【住所】東京都台東区上野桜木2-15-6 上野桜木あたり内 2号棟 1階
【営業時間】10:00〜18:00
【定休日】月・火曜(祝日の場合は翌日)
https://www.instagram.com/think_tokyo/

Nossabolo(ノッサボーロ)
【住所】東京都目黒区自由が丘1-14-16
【営業時間】11:00~20:00(イートインL.O)
【定休日】月曜
【電話番号】03-6421-1411
https://instagram.com/nossabolo

Riviere TOKYO(リビエール トーキョー)
【住所】東京都世田谷区上馬2-31-11
【営業時間】12:00〜18:00(売り切れ次第閉店)
【定休日】火・水曜
https://instagram.com/riviere.tokyo/

リンクを
コピーしました