Loading...
×

Fashion

「ファッションに、やさしさの循環を」二階堂ふみがアニマルフリーなコートを手がけた理由

女優の二階堂ふみと木の実由来の新素材「カポック」を使用するアパレルブランド「カポックノット」が初めてコラボレート。ラグジュアリーでありながら、機能的で暖かい3型のアウターが誕生した。アニマルライツについて考えるきっかけとなった出来事から、コラボアウターができるまでの道筋について語ってくれた。

フェレットとの暮らしがもたらした気付き

実力派女優であり、動物福祉やアニマルライツ、環境問題に強く関心を寄せ、自身も活動を行っている二階堂ふみさん。今回初のコラボレーションを行ったブランド「カポックノット」との出会いについて振り返った。

「寒い地域でロケをするお仕事があった際に、スタイリストさんが用意してくださったのがカポックノットのアウターだったんです。ダウンではなく木の実を使っていて、木の実を採取する際も木を伐採しないから環境に負荷がかからない、ということを聞きました。実際に着てみたら動物性のものと変わらないくらい、軽くて暖かくて。それ以来、とても興味を持つようになりました」

インドネシアに自生するカポックの実。コットンの8分の1の軽さで、吸湿発熱という機能を持つため「木に実るダウン」とも呼ばれている

二階堂さんが「ダウンではなく」と話すのには理由がある。周知の通り、彼女はアニマルライツについての強い思いを持ち、問題に向き合って活動を行っている。そのきっかけとなった出来事を語ってくれた。

「約8年前にとあるご縁で、フェレットと一緒に生活するようになりました。実際に暮らしてみると、フェレットって人とすごく心がつながる動物で。いろんなことを教えてくれるフェレットという存在から、私は搾取をしていた側だったということを考えさせられました」

イタチ(フェレットはイタチ科)はファッションで長く使われてきた歴史がある。以降はファーやダウン、レザーの製品が作られる製造工程について理解を深めていった。

「動物たちのことが気になるようになると、それと同時に環境汚染のこと、児童労働などの雇用問題など、今まで自分が知ろうとしなかっただけで、たくさんの問題があることに気付かされました。そして、衣装でも私服でも自らが選択するものは、なるべく犠牲を生まないもの、社会的責任を果たしているブランドのもので自分の身を固めたいと思うようになったんです」

一時期は、どうしてもその罪悪感からファッションを楽しめない時期があったと話す二階堂さん。しかし今は、少しずつその考えもシフトしてきたそう。

「ライブピッキング※1のような残忍なやり方で搾取をしているものに関しては見過ごせないですが、ダウンもすべてが悪のようには思っていないんです。リサイクルダウンったり、動物性のものでもトレーサビリティーがしっかりしているもの、例えば羊を苦しめるミュールシング※2をしてないウールや、大量生産してないような農場さんなど。そういった取り組みをされている方々を応援したいという気持ちがあります」

※1 ライブピッキング…生きた水鳥から羽毛を剥ぎ取る採取方法
※2 ミュールシング…羊へのうじ虫の寄生を防ぐため、子羊の臀部(でんぶ)の皮膚と肉を切り取ること

今回のコラボでも思い入れのあるチャイナドレス型のコートを着てインタビューに応じる二階堂さん
お問い合わせ先

KAPOK NOT
HP: https://kapok-knot.com/
Instagram: @kapok_knot_jp

Profile

二階堂ふみ

1994年9月21日生まれ、沖縄県出身。2009年「ガマの油」でスクリーン デビュー。以降の主な出演作に映画「ヒミズ」、「私の男」、「リバーズ・エッジ」、「翔んで埼玉」、「人間失格 太宰治と3人の女たち」、大河ドラマ「軍師官兵衛」、「西郷どん」、「この世界の片隅に」(TBS)、「プロミス・シンデレラ」(TBS)、NHK朝の連続テレビ小説「エール」など。

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました