Loading...
×

Fashion

パリジェンヌに愛される「毎日の相棒」バッグ 「ロンシャン」の最新作“ボックス-トロット”

フランスのラグジュアリーブランド「ロンシャン」から、メゾンと関わりが深い馬術の世界観を詰め込んだ新作バッグ“ボックス-トロット”コレクションが誕生。クラシカルかつモダンなこのニューアイコンバッグは、毎日を楽しく盛り上げてくれる相棒のような存在になりそう。

「ロンシャン」から新アイコンが誕生

革張りパイプを主力商品として、1948年にパリで創立された「ロンシャン」。創立者のジャン・キャスグランは息子、フィリップと親子2代でビジネスを拡大し、1970年代に女性用ハンドバッグのデザインや軽くて丈夫なナイロン製の旅行バッグで注目を浴びる。1993年には折り紙が着想源となったアイコンバッグ、“ル プリアージュ®”が登場し、その人気を不動のものとする。そしてこの秋、「ロンシャン」の歴史に新たな名を刻むバッグコレクション“ボックス-トロット”がデビューした。オーセンティックでタイムレスな美しさとエナジーが交錯する新作バッグと一緒に、毎日を楽しむパリジェンヌの姿を捉えたスペシャルムービーも制作。公式サイトやYouTube、SNSで公開中。

現代のパリジェンヌたちを描いたショートフィルム『レ フィーユ』

60年代に人気を博したシャンソンから着想を得て、“BFF(Best Friends Forever=大親友)”の絆で結ばれた現代のパリジェンヌたちを描いたショートフィルム『Les Filles(レ フィーユ)』。新作バッグ“ボックス-トロット”を相棒に、2人のヒロインがパリの街を楽しむ様子を描いた作品だ。

“J’aime les filles(僕は女の子たちが好き)”と、 ユーモラスな歌詞を軽快に歌い上げるこのシャンソンは、1960年代にフランスで一世を風靡(ふうび)したシンガー・ソングライターのジャック・デュトロンの名曲として知られている。新進気鋭の若手監督であるアリス・コンは、この名曲を再解釈し、“伝説のナイトクラブ、カステルやレジーヌで一晩中踊る”、“サクレ・クール寺院でキャンプをする”、“モンマルトルの丘でスキーをする”、“テルトル広場で絵描きのミューズになる”など、親友同士の彼女たちが一緒にしたい一風変わったことをリストアップし、パリの街を巡るストーリーが完成。

“ボックス-トロット”と2022年秋冬コレクションをまとったヒロインを演じたのは、俳優ジャン=ポール・ベルモンドを祖父に持つフランス人女優 アナベル・ベルモンドと、パリ・オペラ座バレエのファースト・ソリストのマリオン・バルボー。劇中のシャンソンは、ボーカルのファビアンヌ・デバールが率いるフランス生まれのインディー・ポップバンドであるエバーグリーンがカバーしている。

「ロンシャン」と新世代の才能あふれる女性たちによって生み出された、遊び心とクリエイティビティーに満ちたショートフィルムをぜひチェックして!

レ フィーユ特設ページ

豊富なカラーバリエーションと3サイズを用意

フレンチシックの薫りと馬術の世界観が凝縮した“ボックス-トロット”コレクション。すっきりとしたラインとクラシカルかつモダンなムードが際立つ。なめらかなカーフレザーを用いたバッグはデイリーに使える3サイズがそろう。取り外し可能なショルダーストラップ付きで、機能性もしっかり考慮されている。

バッグ“ボックス-トロット”クロスボディバッグM(コニャック)[W23.5×H17×D10]¥102,300
ロンシャン
バッグ“ボックス-トロット”〈左〉クロスボディバッグXS(ライラック)[W17×H12×D8]〈右〉クロスボディバッグXS(オレンジ)[W17×H12×D8]各¥80,300
[カラーはブラック、コニャック、オレンジ、サイプレス、ライラックの5色展開。ただしクロスボディバッグMはブラック、コニャック、サイプレスのみ](すべてロンシャン/ロンシャン・ジャパン)

LIMITED ITEMS
おそろいで持ちたいロングウォレットも限定発売中!

現在、“ボックス-トロット”のロングウォレットが「ロンシャン ラ メゾン表参道」、「ロンシャン ラ メゾン銀座」、および公式オンラインストア限定で発売中。ゴールドのメダイヨンが目を引くウォレットは、カードが14枚も入る収納力も魅力的。ギフトにもぴったりの新作ウォレットをお見逃しなく!

ボックス-トロット特設ページ

【関連記事】ホーボーバッグをゲットするなら今!最新作とお手本コーデをチェック

【関連記事】スポーツとモードの共演!今秋のスポーティルックに欠かせない新作9選

お問い合わせ先

ロンシャン・ジャパン/0120-150-116

関連情報

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました