Loading...
×

Fashion

新しいフォルムの追求。ロエベが描くミニマリズム【2023年春夏パリコレクション】

オートクチュールやパリ、ミラノコレクションの取材を続けているファッション・ディレクターの萩原輝美さんによる最新コレクションリポート。今回は、2023年春夏パリコレクションで、アンスリウムの花をキーにクリエイティビティーを開花させた「ロエベ」について。

ロエベからボックスに入った1輪のアンスリウムが送られてきました。箱の中には小さなショーのインビテーションカードが添えられています。クリエイティブ ディレクターのジョナサン・アンダーソンは、毎シーズン、アートピースを服の造形に取り入れるという実験的なコレクションを見せています。

体育館のように広いスクエアな会場に入ると、真ん中に巨大なアンスリウムがそびえ立っています。真っ赤なシュルレアリスムの作品のようです。モデルはその根元から地上に上がり、キャットウォークをします。

ファーストルックは、シンプルな黒のビスチェドレス。スカートは、前だけクリノリンスタイルに膨らませながら、脇のラインは直線的に削ぎ落としています。アンスリウムの花はビスチェとして登場し、マイクロミニのフレアスカートと合わせています。

ウエストを絞り、重なりあうフレアのニットドレスは、シルエットが際立つミニマルなデザインです。花柄のエナメルメタルは、ミニドレスの他にキュートなバッグやパンプスにも登場します。

レザーブルゾンやコットンのハンティングジャケットもコンパクトに作られ、ミニドレスと合わせています。そぎ落とすことによって、デザインとフォルムを際立たせたコレクションです。

text: Terumi Hagiwara

【関連記事】「新たな命を吹きこむ」世界が注目する韓国人作家キム・ジュンスが作り出す革の器

【関連記事】若返りをはかるミラノの老舗ブランド。シンプルなIラインをモダンにアップデート【2023年春夏ミラノコレクション】

【関連記事】いま注目すべき東京発ブランドは?ジェンダーフリーやSDGsがテーマに【楽天ファッション・ウィーク】

Profile

萩原輝美

ファッション・ディレクター。毎シーズン、ミラノ、パリなど各都市のコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムなどを寄稿。専門学校、各種セミナー講師をはじめコンテスト審査委員を務める。新しいエレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評がある。


Instagram: @hagiwaraterumi

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました