Loading...
×

Fashion

いま注目すべき東京発ブランドは?ジェンダーフリーやSDGsがテーマに【楽天ファッション・ウィーク】

オートクチュールやパリ、ミラノコレクションの取材を続けているファッションディレクターの萩原輝美による最新コレクションレポート。今回は、8月29日(月)~9月3日(土)の期間に渋谷ヒカリエ、表参道ヒルズを中心に行われた楽天ファッション・ウィーク東京で発表されたコレクションからベスト3をピックアップ!

「Rakuten Fashion Week TOKYO 2023 S/S」と題して東京で49ブランドのコレクションが発表されました。デジタルで発表された22ブランドを越えて、1週間に27ブランドがショー形式で発表するというフィジカルな現場が戻ってきました。

AYÂME(アヤーム)

「アヤーム」の竹島綾はパリでシャネル傘下の「メゾンルマリエ」や「コシェ」でデザイナーとして経験を積んで独立。今回デビューショーを発表しました。レースやフィルクッペなど透け感や凹凸感のある生地をミックスし、クチュール感覚とストリートをミックスした軽やかなIラインドレスを並べました。

WATARU TOMINAGA(ワタル トミナガ)

デザイナー富永航による「ワタルトミナガ」は、花や動物プリントのシャツやパンツにストライプニットを重ねるなどポップでカラフルな作品を披露しました。かぎ針ニットやフリンジなどフォークロリックな要素もセンス良くまとめ「服の楽しさ」を感じさせてくれたコレクション。

【関連記事】“女性を美しく魅せる”気鋭デザイナー舟山瑛美の「フェティコ」が初のランウェイショー!

お問い合わせ先

サポートサーフェス/03-5778-0017 メゾンアヤーム/info@a-y-a-m-e.com WATARU TOMINAGA/info@watarutominaga.com

Profile

萩原輝美

ファッション・ディレクター。毎シーズン、ミラノ、パリなど各都市のコレクションを取材。ファッション雑誌に記事、コラムなどを寄稿。専門学校、各種セミナー講師をはじめコンテスト審査委員を務める。新しいエレガンスをリアルに落とし込むファッション提案に定評がある。 Instagram: @hagiwaraterumi

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました