Loading...
×

Fashion

ベネチア映画祭でセレブがスタイリッシュな姿を披露!今年のベストドレッサーは誰?

世界3大映画祭の一つ、第79回ベネチア国際映画祭が8月31日(現地時間)にイタリア北部で開幕した。受賞作品の発表に期待が集まる中、今年も華やかにドレスアップし登場したトップスターの姿をお見逃しなく!

最高賞である「金獅子賞」を競うコンペティション部門に、日本を代表する若手映画監督、深田晃司監督の「LOVE LIFE」が選出されるなど、賞レースの行方に注目が集まっているベネチア国際映画祭。今回は、新型コロナウイルスの感染拡大以降、初めてすべての規制が撤廃され、活気にあふれる華やかなレッドカーペットが復活!イタリアの“水の都”から、ゲストたちの華麗なるレッドカーペットスタイルをお届け。

ジュリアン・ムーア

女優のジュリアン・ムーアは、映画『White Noise』のプレミア上映とオープニングセレモニーで、「ヴァレンティノ」の2023年プレスプリングコレクションを着用。華やかなシースルーのガウンとドレスがドラマティック。

グレタ・ガーウィグ

グレタ・ガーウィグは、映画祭前夜に開催されたCinecittà And Academy Of Motion Picture, Art & Scienceのディナーに、「ヴァレンティノ」の2022年プレフォールコレクションから「Promenade」のホワイトのルックを着用。

映画『White Noise』のフォトコールには、「ディオール」のブラック バージャケットとパンツ、シューズを合わせたスタイルで登場。

妻夫木聡

自身が主演を務める映画『ある男』のフォトコールに登場した俳優の妻夫木聡。「ディオール」のメンズアーティスティックディレクター、キム・ジョーンズによるメンズ コレクションより、ネイビーブルーのスーツにクラシックホワイトコットンシャツ、ブラックシルクのボウタイにブラックレザーのダービーシューズをコーディネート。

ラフィー・キャシディ

イギリスの女優、ラフィー・キャシディは、「ヴァレンティノ」の2022-23年秋冬オートクチュールコレクション「The Beginning」の刺繍をあしらったドレスを着用し登場。

ノエ・メルラン

©LOUIS VUITTON

女優のノエ・メルランは、「ルイ・ヴィトン」のブラックドレスを纏い、ディナーに出席。繊細なシルクレースのブラックドレスに、サテンパンプス、ファインジュエリーのイヤリングを合わせて。

【関連記事】ダイアナ元妃、没後25年。愛され続けるプリンセスの軌跡を辿る映画2作品公開

【関連記事】メーガン妃のポッドキャストがついにスタート!さっそく英国王室批判を滲ませる

【関連記事】さらに魅力を増すアン・ハサウェイ。溢れる笑顔と気品漂う美しさの秘訣とは?

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました