Loading...
×

Fashion

「ロンジン」初、非動物性素材のベルトを使ったコレクション

ロンジンは、ベルト部分に非動物性素材を採用した、エレガントコレクションを発表した。

廃棄されるリンゴやトウモロコシが原料に

ロンジンが非動物性素材を本格的に使用した時計を発表するのは初。廃棄されるリンゴやトウモロコシを原料とした植物性ストラップを使用している。ベルトの外側にリンゴ、内側にトウモロコシを再生利用した素材を用いつつ、手触りや付け心地、見た目の美しさや耐久性においてもレザーストラップと同等のクオリティを実現した。

L4.812.4.11.2 直径39.00㎜ トーブ ¥262,900

またムーブメント内にはシリコン製のヒゲゼンマイを使い、パソコンや携帯電話などによる磁気帯びの影響を抑えた。シリコン製ゼンマイは湿度変化にも強く、長く安心して付けられるという特長がある。

デザイン面では、ブランドのDNAであるエレガンスをテーマにしつつ、これまでのエレガントコレクションから一新。クリーンで現代的なデザインを追求し、文字盤にはミニッツトラック(分目盛り)を配置せずに余白を取ることで、絶妙なバランスでサブダイアルをセットした。マットホワイトにローマ数字をペイントした文字盤は、つけるスタイルを選ばない。

文字盤にはミニッツトラックをなくし、クリーンで現代的なデザインに

トープとブラックの2色のストラップに加え、ステンレススティールブレスレットタイプもラインナップされる。直径39.00㎜と34.50㎜が用意されているので、ペアウォッチやシェアウォッチとしても楽しめる。

最新テクノロジーから生まれたサステナブルでクリーンな時計。シーンを問わず心地よく使いこんでいけるアイテムになるはずだ。

【関連記事】春コーデの主役!モードなフラワープリントの着こなし9選
【関連記事】旬のバランスが叶う!厚底サンダル ベスト10
【関連記事】【2022-23年秋冬ミラノコレクション】グッチ、ジル サンダー、プラダに見る最新トレンド

お問い合わせ先
ロンジン
TEL:03-6254-7350

text by Takumi Hanya

Recommend

Pick Up

リンクを
コピーしました