Loading...
×

Culture

© Simon Webb

【特別インタビュー】世界的ピアニスト、ラン・ランのメッセージ「大人こそ”魔法の旅”に出よう」

クラシック界で最もホットな中国出身のピアニスト、ラン・ランが2023年のウォルト・ディズニー社100周年に向けて、長年愛され続けているディズニー音楽を収録したアルバム『ディズニー・ブック』をリリース。これを記念して、マリ・クレール読者のために、特別にインタビューが実現。優しく情熱的なまなざしで、制作に至った経緯から来日公演への熱意までを語ってくれた。

中華人民共和国・瀋陽(シェンヤン)に生まれ、3歳でピアノを始めてから豊かな才能と確かなテクニックで数々の賞を受賞し、今や世界的なピアニストとして知られるラン・ラン。ファレル・ウィリアムスやジャズ・ピアニストのハービー・ハンコックをはじめとする著名なアーティストたちとのコラボレーションや、2008年の北京五輪開会式、09年のオバマ大統領ノーベル平和賞受賞コンサートへの出演でも話題に。日本では、映画『のだめカンタービレ最終楽章前・後編』のサウンドトラックで、主人公の全演奏を手がけたことでも知られている。

そんな彼が、1923年に設立されたウォルト・ディズニー社100周年に向けて、ディズニーソングを収録したアルバム『ディズニー・ブック』をリリース。映画『美女と野獣』『アラジン』『アナと雪の女王』『ミラベルと魔法だらけの家』など世界中の人々が親しんできた名曲の数々をドラマティックなピアノ演奏で楽しむことができる作品が完成した。この最新作リリースを控え、貴重なオンラインインタビューで作品に込めた思いを語ってくれた。

アルバム『ディズニー・ブック』の制作に至った経緯は?

新しいアルバムは、アニメーションの曲で作ろうと考えていました。大好きな日本の漫画も含めて、さまざまなアニメーションの音楽をレコーディングする中で、アルバムのテーマ性を模索した結果、ディズニーにたどり着きました。クラシックな名曲から、例えば「イッツ・オールライト」(『ソウルフル・ワールド』より)のような新しい曲まで、幅広い曲目を揃えています。すべての曲を今回のアルバムのために新たに編曲しました。ピアノを習っている子どもたちにもぜひ聴いてほしいです。

ディズニーとの出会いや思い出はありますか?

『アラジン』や『美女と野獣』などお気に入りの作品はたくさんありますが、中でも『ライオン・キング』は特別な作品です。

13歳の時、仙台で行われたコンクールで優勝したご褒美として東京ディズニーランドに連れて行ってもらったことが最高の思い出です。その時に得た感動や喜びは、今でも創作の原点の一つになっています。

収録曲の中で最も印象的な曲とその理由も教えてください。

「星に願いを」(『ピノキオ』より)です。ピアニストである妻ジーナ・アリスと一緒に録音したこと、そしてディズニーの映画の冒頭にロゴとともに流れるくらい有名で象徴的な作品であるからです。とても印象深い曲になりました。

どんな思いを込めて演奏されましたか?それを表現するために意識したことも教えてください。

この「星に願いを」は、ショパンやラフマニノフのようなイメージでロマンティックに演奏したいと思いました。そして、この曲には、夢や希望、情熱といったポジティブなエネルギーを盛り込んでいます。

全体を通して、クラシックのとても高度なテクニックを散りばめています。ドビュッシーやバーンスタインを参考にしたアレンジを用いて、ジャズ・クラシック風に仕上げた楽曲もあります。このアルバムはBGMのようにしたくなかったので、クラシックのアルバムとしての存在感があり、技術的にも聴きごたえのある”ピアノのコンチェルト”のような作品になるように、情熱をもって挑みました。

ピアノを習っている子どもたちの他に、どんな人に聴いてほしいですか?

子どもたちはもちろん、大人の方にも聴いてほしいです。世界中のどんな大人でもディズニーとの思い出があるはずです。だから、このアルバムを聴いて”マジカルジャーニー(魔法の旅)”に出て、それぞれの人生がポジティブになることを願っています。ディズニーソングには、クラシックの要素を取り入れたものがたくさんあり、ディズニーとクラシックの密接な結びつきを感じます。代表的な『ファンタジア』もそうです。『ファンタジア』のミッキーマウスをイメージした衣装で演奏している姿を写真に収めているので注目してください。

11月に来日コンサートを予定していると伺いました。日本のファンにメッセージをお願いします。

本当にわくわくしています!楽しみです!新型コロナウイルスの感染拡大の影響で海外へ渡航することが難しかったのですが、このような状況下となってから、はじめて日本に行けることになりました。今回は東京、大阪、福岡の計3都市でコンサートを行います。3年前に発表したバッハのシリーズや、ディズニーの曲も演奏します。みなさん、ぜひ楽しみにしていてください。

ランラン ピアニスト ディズニー

ラン・ラン ディズニー・ブック(デラックス・エディション) [初回限定盤] [SHM-CD] 
発売日: 2022/9/16
価格: ¥3,520
品番: UCCG-90896/7
発売元: ユニバーサル ミュージック合同会社
https://LangLang.lnk.to/disney-bookSR
収録内容:

CD1

01. 美女と野獣 From『美女と野獣』
02. 小さな世界 From『ニューヨーク・ワールドフェア』
03. レット・イット・ゴー From『アナと雪の女王』
04. ザ・ベアー・ネセシティ From『ジャングル・ブック』
05. 2匹のオルギータス From『ミラベルと魔法だらけの家』feat. セバスチャン・ヤトラ
06. レインボー・コネクション From『マペット・ムービー』
07. リフレクション From『ムーラン』feat.グォ・ガン
08. いつか王子様が From『白雪姫』
09. イッツ・オールライト From『ソウルフル・ワールド』feat. ジョン・バティステ
10. 秘密のブルーノ From『ミラベルと魔法だらけの家』
11. リメンバー・ミー From『リメンバー・ミー』feat. ミロシュ・カラダグリッチ
12. 星に願いを From『ピノキオ』feat.ジーナ・アリス
13. ホール・ニュー・ワールド From『アラジン』
14. ユール・ビー・イン・マイ・ハート From『ターザン』feat.アンドレア・ボチェッリ

CD2

01. 美女と野獣 From『美女と野獣』(ピアノ・ソロ・バージョン)
02. メリー・ポピンズ・ファンタジー From『メリー・ポピンズ』
03. 2ペンスを鳩に From『メリー・ポピンズ』
04. 狼なんかこわくない From『三匹の子ぶた』
05. 雪だるまつくろう From『アナと雪の女王』
06. 口笛ふいて働こう From『白雪姫』
07. ブラドル・アドル・アム・ダム From『白雪姫』
08. 私の願い From『白雪姫』
09. 夢はひそかに From『シンデレラ』
10. 私のおうち From『ジャングル・ブック』
11. ライフ・イズ・ア・ハイウェイ From『カーズ』
12. ベイビー・マイン From『ダンボ』
13. 愛を感じて From『ライオン・キング』

© Simon Webb

BIOGRAPHY 
Lang Lang ラン・ラン

感情豊かなピアノによって、何百万という人びとをインスパイアしてきた。それは、こじんまりした会場でのリサイタルでも、大舞台でも変わらない。
2014FIFA ワールドカップ決勝を祝してリオデジャネイロで行われたプラシド・ドミンゴとのコンサート、第56 回および第57 回に連続出演してメタリカ、ファレル・ウィリアムスと共演したグラミー賞授賞式、全世界で40 億人の人々が彼の演奏を見守った2008 年北京オリンピックの開会式、ロンドンのロイヤル・アルバートホールにおけるBBC プロムスのラストナイトなど、その派手なステージは枚挙に暇がない。
シャルル・デュトワが指揮するフィラデルフィア管弦楽団と共演したリスト生誕200 年を祝うコンサートの模様は、全米で300 館、ヨーロッパ各地で200 以上の映画館に生中継された(クラシックのソリストとしては初めて)。
長年にわたって共演している世界的なアーティストは、ダニエル・バレンボイム、グスターボ・ドゥダメル、サー・サイモン・ラトルといった指揮者から、ダブステップダンサーのNONSTOP ことマーキューズ・スコット、甘い歌声の帝王フリオ・イグレシアス、ジャズの巨人ハービー・ハンコックなどクラシック音楽以外の世界にも及ぶ。
クラシック音楽を誰よりも多くの人に届けるために多くの企業とのつながりも持っている。
そして、ラン・ランは、中国の音楽を西洋の聴衆に、西洋音楽を中国の聴衆に積極的に紹介して、文化の懸け橋ともなっている。
Lang Lang公式YouTube

【関連記事】さらに魅力を増すアン・ハサウェイ。溢れる笑顔と気品漂う美しさの秘訣とは?

【関連記事】「アニヤ・ハインドマーチ」のステーショナリーでプレイフルなデスク環境にチェンジ!

text: Miyuka Abe

Recommended

Pick Up

リンクを
コピーしました